「ヤマアラシのジレンマ」とは?心理学的な意味や解決方法まとめ

  • ヤマアラシのジレンマを乗り越えるとどうなる?

    ヤマアラシのジレンマ状態に陥っていた人が、ジレンマを乗り越えた場合は、どんな関係になっていくのでしょうか。

    ここでは、お互いがヤマアラシのジレンマを乗り越えたときにどんな関係になるか、その一例をご紹介していきましょう。

    お互いに誰よりも居心地の良い相手に


    ヤマアラシのジレンマを乗り越えた二人は、お互いに誰よりも居心地の良い相手になる可能性があります。

    なぜなら、ジレンマを乗り越えるために試行錯誤したことで、どんなときにどんなコミュニケーションを取れば良いか把握できるようになったからです。

    長く一緒にいられる関係に


    お互いの呼吸がなんとなくつかめる関係になったら、長時間一緒にいても苦痛を感じにくくなるはずです。この時期には、お互いの言いたいことは言葉で伝えあうものの、言葉以外のコミュニケーションもとれるようになっていることでしょう。

    程よい距離感を掴みやすくなる


    どれぐらいの距離で接するのが適当なのは、人によっても変わりますよね。お互いのちょうど良い距離をつかめたなら、他の人との距離感の掴み方もわかるようになる可能性が大きいでしょう。

    上手な気持ちの伝え方を覚える


    気持ちの伝え方も、伝える相手によって変わるものです。恋人に対する気持ちの伝え方が理解できたら、お互いそれほど我慢することなく生活を共にしていくことができるでしょう。

    自分とは違う人間も受け入れられる


    他人との衝突をなるべく少なくするには、「自分と他人は違うのだ」ということをまず認識する必要があります。自分とは一続きではないということが分かれば、人の領域におかしな方法で入り込むことがなくなっていくはずです。

    自分の領域も他人の領域も簡単に侵略されない、ということが理解できれば、自分以外の人とどうやって付き合えば良いのか理解しやすくなります。