美人顔はバランスがカギ?美人顔の特徴&美人に近づくメイク術

  • メイクで美人顔に近づこう

    さて、ここからはいよいよ実践編。メイクで美人顔に近づく方法をご紹介します!1つ取り入れるだけでも顔の印象がガラリと変わる、美人顔メイクをマスターしましょう。

    目と眉を近づける


    目と眉の間の距離を狭くすることで、目の印象が強くなることはもちろん、顔全体が中央寄りになりグッと大人っぽくなれます。可愛い系フェイスの人は、ここを変えることでイメージチェンジになるはず。

    目と眉を近づけるメイクのやり方はとても簡単です。①眉メイクは、下のラインから描き始める。②アイシャドウはグラデーションにし、ベースとなる色は眉下ギリギリまで塗る。③ビューラーを使用する際に、根元から少しずつ手の角度を変え、3段階でまつ毛を上向きカールにする。

    メイク時にこの3点を意識するだけで、目元の印象が変わります。

    ノーズシャドウで鼻筋を綺麗に


    ノーズシャドウとハイライトを使用して、鼻の形を整えると、顔全体がより端正になります。普段あまり鼻メイクはしないという人も、この機会にぜひトライしてみてください。

    ノーズシャドウは、シェーディング用のカラーやブラウン系のアイシャドウパレットを使用します。アイシャドウの場合、グラデーションの濃い側から2番目〜3番目の色を選びましょう。眉の付け根部分から小鼻の上にかけて、シュッと塗るだけです。鼻筋の中央部分は気持ち内側寄りにすると、シャープな印象に。

    ハイライトは、ハイライターを使用します。鼻筋と、鼻のてっぺん部分に指でスッとなじませましょう。メイクの仕上げにこの一手間を加えるだけで、垢抜け度がアップします。

    色を操って垢抜け眉に


    続いては、眉メイクのコツです。顔全体の垢抜け感やバランスを司る眉。眉の印象操作には、形はもちろんのこと、カラーリングが重要になります。

    眉の形を整えているのに今ひとつ洗練されないなら、形ではなく色に着目してみてください。髪色よりもワントーン明るめの眉がベストです。
    いつもペンシル一本で眉メイクを完了している人は、アイブロウパウダーと眉マスカラを手持ちアイテムにぜひ投入しましょう。

    いつも通りにペンシルで整えた後に、なぞるようにしてパウダーをたたきこんでください。仕上げに眉マスカラでささっと色を変えれば、見違えるように顔が垢抜けるでしょう。

    上唇をオーバーリップに描く


    リップメイクをいかに丁寧に仕上げるかで、顔全体のメイクのクオリティーが大きく変わります。いつも口紅をサッと塗るだけという人は、下地にリップクリームをなじませ、リップブラシを使ってカラーをのせるという一手間を取り入れてみてください。

    リップブラシは使わない派の人も多いと思いますが、ぜひポーチに常備しておきましょう。ブラシを使うのと使わないのとでは、リップラインの美しさに歴然とした差が出ます。

    口紅を塗るときに、上唇をオーバーリップにすると顔が中心寄りになります。鼻と口の間の「人中」を短く見せることができ、より美人度がアップしますよ。さらに、上唇の山の上にちょこんとハイライトをのらせるとさらに効果が期待できます。

    ハイライトで光を集める


    先ほどから、何度か登場している「ハイライト」。実は、美人顔を作るのに欠かせないアイテムです。顔の中で、前に出ているパーツや光を集めたい部分に効果的にのせることで、明るく華やかな表情を引き出せます。

    ハイライトを入れるのにおすすめのパーツは、鼻筋、鼻頭、目の下から頬骨にかけて、唇の上、あご先の5点です。光りすぎないように加減しながら、トントンとのせていきましょう。ハイライトをより引き立たせ、メリハリのある顔立ちにするために、フェイスラインに薄くシェーディングを入れて影を仕込んでおくのもおすすめです。

    アイメイクやリップメイクも大切ですが、顔のベースを整えることでよりパーツの美しさが映えますよ。

    パーソナルカラーでメイクする


    メイクやファッション界隈でトレンドになっているパーソナルカラー。最近は、雑誌やSNSでも「イエローベース」「ブルーベース」という言葉が頻繁に登場しますね。

    パーソナルカラー=自分にしっくりくる色を知ることは、美人顔に近づく上でも重要です。似合う色は、肌の色や顔立ちを別人のように華やかに見せてくれます。同じ「ピンクの口紅」でも、コーラルピンクが似合う人もいれば、ローズピンクが似合う人もいるのです。

    自分の魅力を何倍にも引き出すことができるパーソナルカラーは、一度プロに診断してもらうのがおすすめです。似合うものを上手に身につけることで、美人顔メイクを完成させましょう。

    顔の余白を埋める


    美人顔の第一条件は小顔であると、最初にお伝えしました。小顔に見せる最大のコツは、顔の上にできるだけ隙間を作らないこと。つまり、顔の余白をバランスよく埋めていくことです。ここまでご紹介したメイクを取り入れれば、かなり余白が埋まっているはずです。最後に、これを加えればさらに顔がキュッと引き締まるというポイントを2点お伝えします。

    まずは涙袋。これを描かない手はありません。アイシャドウの明るめの色や涙袋用のペンシルなどを使って、目の下をさらっとなぞりましょう。

    次に目頭です。目が離れ気味であれば、上下のアイラインを目頭の思い切り内側まで入れてしまいましょう。これだけでかなり目元が引き締まります。