美人顔はバランスがカギ?美人顔の特徴&美人に近づくメイク術

  • 美人顔の特徴とは?《バランス編》

    引き続き、美人顔の特徴を見ていきましょう。ここからは《バランス編》です。美人顔の絶妙なバランスを作る特徴について解説します。

    口角が上向き


    どこか微笑んでいるようにも見える、キュッと上向きの口角。美人顔の人は、肉感的なぽってり唇であっても、スッと小さな唇であっても、共通して口角が上がっています。

    上向きの口角は、口の形が綺麗に見えるだけでなく、微笑んでいるような表情になるため、黙っていても親しみやすそうに見えるというメリットもあります。無表情のときに口角が下がってしまう人は、鏡を見るたびにチェックをしてください。

    無理やり口角をグイッと上げて笑顔を作る必要はありません。口の端に意識を持っていくと、それだけでキュッと綺麗に口角が上がりますよ。自然に口角が上がっている時の感覚を覚えて、その状態がデフォルトになるように癖づけていきましょう。

    眉が整っている


    眉は、顔全体の垢抜け度を大きく変えます。他のパーツがどんなに端正で整っていても、眉が野暮ったいだけで全体像が台無しになってしまうことも。眉メイクに失敗したせいで、一日中顔に違和感がある…という経験は、女性なら誰でもあるはず。それぐらい、影響力が大きいパーツなのです。

    美人顔になるための眉は、「薄すぎない」「伸ばしっぱなしにしない」「適度な整え感」が大切。おしゃれなナチュラル眉も素敵ですが、美人顔を作るのならばラインを整えた端正が眉がおすすめです。

    中央寄りの顔立ち


    目や眉などのパーツがどちらかというと外寄りに配置されている顔立ちは、ファニーで可愛らしい印象を与えます。一方で美人顔と言われる顔立ちは、パーツの配置は内寄り。そのため、美人顔に見えるパーツの配置に近づけたい場合は、顔の内側にポイントを置くようなメイクがおすすめです。

    上唇と鼻の間や、目頭、下まぶたなど、顔の内側寄りの部分をメイクで強調することを心がけましょう。パーツ間の距離が縮まり、美人バランスの顔立ちに近づけるはずです。

    彫りが深く立体的


    美人顔は、顔のパーツがくっきりと彫り深く、立体感のある印象を与える場合が多いもの。例えば、先ほど挙げたように鼻筋がスッと通っていることもそうですし、眉から鼻にかけてのラインにしっかりと段差がある、頰が適度にふっくらしているなど、顔全体にメリハリがあるのが特徴。

    ではフラットな顔立ちの人は美人顔になれないのかというと、そんなことは全くありません。シェーディングやハイライト、チークなどを駆使して美しい立体感を作り出すことが可能ですよ。詳しい方法は、後ほどご紹介します。