「マウントをとる」ってどういう意味?特徴&心理と対処法を解説!

「マウントをとる」という言葉、近年よく耳にするようになってきましたね。そんなマウントをとる行為ですが、どんな意味や特徴があるのかをご存知ですか?今回はそんなマウントをとる人の特徴や対処法を紹介!自分が知らないうちにマウント人間になっていないかチェックしたい人も必見です。

  • そもそも「マウントをとる」ってどういう意味?

    近年よく耳にする言葉「マウント」。あまり良い意味としては使われないこの言葉に、嫌な気持ちになった経験がある人も多いのではないでしょうか?

    今回はマウントをとる人について注目ということで、まずは「マウント」とはどういうことなのかについて解説していきましょう。
    「マウントをとる」の意味
    「マウントをとる」というのは、人に対して自慢をする、人を見下す行為のことを意味します。

    たとえば学歴を盾に人のことを見下したり、相手の学歴をバカにするように比較する人っていますよね。これもマウントをとる人になります。学歴が素晴らしいことは悪いことではありませんが、それを必要以上に自慢したり、他人を貶めたりするためにアピールすることを「マウントをとる」というのです。
    「マウントをとる」の語源と由来
    修正
    削除
    並び替え:
    諸説ありますが、「マウントをとる」という言葉はネットの掲示板2chを中心に広まったと言われています。

    マウントはもともと格闘技界隈で使われていた言葉です。相手の上にのしかかることをマウントと言い、この状態だと相手が身動きできず、上に乗ったものが優位に立てますよね。

    近年よく使われる「マウントをとる」というのも、自慢や見下しによって精神的に相手の上にのしかかり、優位に立とうとする行動だと言えるのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)