真ん中っ子の特徴とは?【男女別】相性の良い異性や恋愛傾向も紹介!

少子化が進み、兄弟姉妹がいない一人っ子が増えている現代。しかし、中には三人きょうだいの真ん中という人もいます。真ん中っ子と呼ばれる、上と下に兄弟姉妹がいる人の特徴とは何なのでしょうか。この記事では、異性との相性や恋愛傾向など、興味深い真ん中っ子についてご紹介します。

  • イマイチわからない!そもそも「真ん中っ子」とは?

    真ん中っ子という言葉は、最近になってよく聞くようになってきました。少子化が進み、一人っ子が当たり前になっている今、兄弟姉妹がいる方が珍しいと言われる時代に、三兄弟となるとかなり驚かれるでしょう。

    そんな三兄弟の、真ん中に当たる子が真ん中っ子です。少しむずかしい言い方になりますが、戸籍上では一番上の子が長子、一番下の子が末子。そして、その間に位置する真ん中っ子を、中間子と言います。

    四人、あるいは五人兄弟という人もいますが、たいていは三兄弟の真ん中がほとんど。この真ん中っ子が、実はかなり興味深い特徴を持っています。そこで、真ん中っ子について男女別にご紹介します

    真ん中っ子とはどんな子を言うのか


    戸籍上で中間子という記載となる真ん中っ子は、三兄弟、もしくはそれ以上の人数の兄弟に挟まれた真ん中の子だということは既に述べました。ですが、、真ん中っ子とは具体的にどんな子のことを言うのでしょうか。

    もっとも特徴的なのは、一番上と一番下にはない、真ん中ならではの性格を持っていることです。しかも、その性格がかなり特徴的で興味深いとなれば、「真ん中っ子って、いったいどんな子なの?」と興味を持つ人もいるでしょう。

    真ん中っ子の特徴を一言で表すのはむずかしいものの、上でも下でもない、真ん中ならではの個性が小さなころから育まれるところでしょう。幼いながらにして、自分で個性を作りあげているのです。

    真ん中っ子には苦労も多い?は本当か


    真ん中っ子には苦労が多いとよく言われますが、なぜ真ん中に生まれると、苦労が多いのでしょう。真ん中っ子の立場になって想像してみると、うすうす見当がつきます。

    三兄弟の「三」という数が苦労する一番の原因で、必然的に上と下に挟まれてしまいますよね。子供が生まれたとき、一番上は初めての子供ということもあって、大事すぎるほど大切に育てられますが、二番目となるとそれほどでもなくなります。

    三人目は驚きや、また家族が増える喜びから、一人目とは違う意味で特別な存在になるため、注目を集めるでしょう。真ん中っ子はもともと注目されにくい上に、上と下は大事にされるのですから、確かに苦労が多そうですね。

    真ん中っ子が大変になる要素とは


    真ん中っ子が大変になる最大の要素は、これまた真ん中という順番にあります。親は真ん中っ子に対してはしばしば、「上の子の言うことを聞きなさい」と、上の子に従うように指示するもの。

    それに加えて「あなたの方が上なんだから、弟(あるいは妹)の面倒を見なきゃダメでしょ」といった具合に、下の子を大事にするように言われることもよくもあります。

    上からは従うように命じられ、下の子の面倒は見なくてはならないのが、真ん中っ子が大変になる最大の要素。しかも、ちゃんと上からの言うことを聞き、下の子の面倒を見ても、当然と捉えられがちで、目立つことなく努力が報われない場合も多いようです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)