眉毛を染める方法まとめ【保存版】眉毛カラーでもっと垢抜け顔に!

「眉毛の色が髪の色と合っていない」「眉毛のせいで顔が地味になる」など、眉毛の色やメイクに関する悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。そんな時は、眉毛を染めて理想の眉を手に入れちゃいましょう。そこで今回は、眉毛を染める方法についてご紹介していきます。

  • 眉毛を染めてもっと垢抜け顔になりたい!

    「髪色を明るくしたのに、なぜか子供っぽく見える…」「メイクをしてもなぜかしっくりこない…」とお悩みの女性も多いのではないでしょうか。実は、その原因は眉毛の色にあるのかもしれません。

    髪色を明るくしても、眉毛の色がそのままだったり、眉毛をきちんと整えておかないと、そこだけ浮いて不自然に見えたり、地味な印象を与えてしまいます。

    そんな時には、眉毛を染めて明るくするのがおすすめです!この記事では、眉毛を染めるメリットや、染め方などをご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。
  • 眉毛を染めるメリット

    眉毛を染めることには、様々なメリットがあります。顔の印象が大きく変わって、自分の魅力をさらにアップさせることができます。では、眉毛を染めることのメリットを詳しくチェックしていきましょう。

    垢抜け顔になれる


    眉毛が真っ黒なままだと、重たい印象を与えやすいですし、特に髪色が明るい人は、眉毛を染めないとそこだけ浮いて見えてしまいます。そこで、眉毛を染めて明るくすることによって、顔の印象が重たくなりすぎるのを防ぎ、ナチュラルな透明感を引き出すことができます。

    そうすれば、垢ぬけ顔になれて、女性からも男性からも一目置かれる存在になるかも?

    髪と眉毛に一体感がでる


    茶髪やアッシュカラーなど、ヘアカラーをして髪を染めている女性も多いでしょう。ただ、髪は染めているのに、眉毛は染めずに黒のままという女性も結構います。

    しかし、髪と眉毛の色が揃っていないと、黒い眉毛が変に目立ってしまって不自然な印象を与えてしまいます。眉毛を髪と同じ色に染めれば、一体感が生まれてナチュラルな雰囲気に仕上げることができます。

    メイクが時短できる


    髪を染めていて、髪の色に合わせて眉メイクをしている女性も多いのではないでしょうか。ですが、眉マスカラだと洗い落としたら元の色に戻ってしまうため、毎朝眉メイクしなければなりません。また、不器用な人だと失敗してしまったりして、メイクに時間がかかってしまうことでしょう。

    そんな時には、ブリーチを使って眉毛を染めるのがおすすめです。一度眉毛を染めれば、数週間は色をキープすることができるので、眉メイクをほとんどせずに済み、メイク時間を短縮させることができます。

    デカ目効果がある


    真っ黒な眉毛が太かったり濃かったりすると、眉毛の印象が強くなってしまうため、そのぶん目元の印象が弱まってしまいます。眉毛を染めて明るくすると眉毛の印象が柔らかくなるので、それに伴って目元の印象を強めることができます。

    その結果、以前よりも目を大きく見せることができ、それによって顔の印象もガラっと変わります。