友達とセックスするのはOK?男女の体験談やエッチの誘い方を紹介

  • 友達とセックスした後の関係パターン

    友達とセックスする上で一番気になるのが、その後の2人の関係性がどのように変わるのかという点ですよね。では、友達とセックスした後の関係パターンを詳しくチェックしていきましょう。

    特に変化せず友達のまま


    「お酒の勢いで女友達と体の関係を持ってしまいましたが、お互いになかったことにして、以前と同じように女友達と接しています」(23歳/男性/大学生)

    友達とセックスするとお互いに気まずくなってしまうことも多いですが、何事もなかったかのように友達として接しているというパターンもあります。特に、お酒に酔った勢いで関係を持ち、行為中の記憶はあまり残っていない…という時は、お互いに事故にあったと思って、友達として関係を続けていくパターンが多いようです。

    好きになり付き合う


    「男友達とセックスしてからお互いに好きになってしまって、恋人として付き合っていくことになりました」(29歳/女性/公務員)

    友達とセックスをした場合、それがきっかけで異性として意識するようになり、恋愛感情を抱いてしまうことがあります。セックス中に恥ずかしそうにしている姿や感じている姿というのは、単なる友達関係では知りうることができない姿ですよね。

    ですので、そんな姿を知った時に友達の見方が変わり、異性として意識するようになるのも仕方ないことかもしれません。

    セフレになった


    「女友達と一度セックスした時の快感が忘れられなくて、何度も関係を持っているうちに自然とセフレの関係になってしまいました」(31歳/男性/金融関係)

    友達と勢いに任せてセックスをしてみたら、実は体の相性が抜群だった…なんてこともあるでしょう。そのため、セックスをしたことをきっかけに、友達からセフレへと関係性が変わったというケースも結構あるようです。

    付き合っている恋人がいない、今は恋人を作る気がないという人からしてみたら、セフレというのはセックスしたい時にできる都合が良い関係ですよね。

    ただ、出会い系などでセフレを探すのは不安を感じることも多いでしょうから、そんな時に友達がセフレになってくれれば、安心して関係を続けていくことができるでしょう。セフレを作ることに対して嫌悪感を抱いている人も多いですが、当人同士が納得しているなら問題はありません。

    恥ずかしくて距離を置いた


    「男友達に裸を見られたと思うと、すごい恥ずかしくなっちゃって、自分から距離を置くようになってしまいました」(26歳/女性/携帯会社勤務)

    今まで普通に接していた友達とセックスしてしまうと、後になって恥ずかしくてしょうがない気持ちになってしまいますよね。恥ずかしいのはお互い様かもしれませんが、セックスをした後はその友達と会うたびに、自分の裸を見られたことに羞恥心を覚えてしまうことでしょう。そのため、セックスをきっかけに友達と距離を置くようになったという人も少なくないようです。
  • 友達とセックスする際の注意点!

    友達とセックスしてしまったことによって、2人の関係性が変わってしまったり、面倒なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。では、友達とセックスする際に注意していただきたい点をいくつかご紹介していきます。

    無理にセックスを迫らない


    自分から友達をセックスに誘う場合は、相手も本当にあなたとのセックスを望んでいるのか確かめてからにしましょう。相手の気持ちを無視して、無理に迫るのは絶対にやめて下さい。

    相手はあなたと純粋に友達として付き合っていきたいと思っていたのに、あなたが肉体関係を求めることで「そんな風に見ていたのか…」と相手を悲しい気持ちにさせてしまうかもしれません。

    また、無理に迫って相手から断られた場合、周囲の友人や知人にあなたの悪い噂を広められてしまうリスクもあるので注意して下さい。

    関係が変わってしまう覚悟をする


    あなたは、セックスした後も友達として付き合っていきたいと思っているかもしれません。ですが、相手はセックスしたことがきっかけで、あなたに恋愛感情を抱いてしまう可能性があります。

    また、お互いに気まずくなってしまい、友達としての関係が壊れてしまう恐れも…。さらに、男友達がまたセックスに誘ってきて、そのままセフレとして都合良く利用されてしまう可能性もあるでしょう。

    このように、友達と肉体関係を持つことで、相手との関係性が変わる可能性があることは覚悟しなければなりません。それが嫌なのであれば、友達とはセックスしない方が無難です。

    また、今後相手との関係性が変わって、弱みを握られて無理にセックスを迫られる可能性もあります。そのため、セクシーな写真を送ったり、エッチなメッセージをやり取りして証拠を残さないように気を付けましょう。

    セックスの際には避妊を必ずする


    女性の場合、セックスには妊娠のリスクが伴います。「ちょっとくらい良いか」と安易な気持ちでゴムなしセックスを許してしまうと、それが原因で妊娠してしまう可能性があります。友達同士ということはお互いに子供は望んでいないはずですので、当然中絶することになるでしょう。

    しかし、中絶というのは、体にも心にも大きなダメージを与えますし、数十万もの中絶費用が掛かることになるので、精神的・金銭的な負担が非常に大きいです。また、「お腹の中にいる赤ちゃんを殺してしまった」という罪悪感が一生付きまとうことになるかもしれません。

    このような望まない妊娠を避けるためにも、必ずコンドームを使い、正しく装着してもらってからセックスするようにしましょう。また、コンドームだけだと100%妊娠しないとは言えないので、アフターピルを持っていくなどの準備を怠らないようにして下さい。

    秘密は必ず守る


    友達と肉体関係を持つ場合は、セックスしたことを周囲の人にバラさないようにしましょう。特に、共通の知り合いが多い友達とセックスした場合、その事実をバラすことによって、一気に噂が広まってしまう可能性があります。

    そうなると、2人を見る目も変わってきてしまいますし、他の人には知られたくない恥ずかしい部分が知られてしまうかもしれません。友達とセックスして気まずくなり、つい友達相談したくなってしまうかもしれませんが、何かあっても誰かにその事実を漏らすのは絶対にやめましょう。

    また、こういったデリケートな話題を他人にペラペラ話してしまうと、「口が軽い」と思われて友達から嫌われてしまうかもしれませんよ。そのため、友達とセックスし終わった後は、「2人だけの秘密にしよう」と約束して、それを守り続けることを徹底して下さい。

    恋人面はしない


    本来、セックスというのは愛する恋人や配偶者とする特別な行為です。ですから、友達と肉体関係を持った後、まるで自分が恋人になったかのように振舞ってしまう人も少なくありません。

    しかし、セックスしたからといって、交際の約束を交わしていない限り、恋人として付き合っていることにはなりませんよね。あくまでも友達関係が続いていることに変わりありません。

    そのため、相手はあなたと付き合うつもりがないのに、友達を束縛したり、他の異性と話している時に嫉妬してまったりと、恋人がするような態度をとらないように気を付けましょう。

    そういった態度をとっていると、友達から「面倒くさい」と思われて、距離を置かれてしまう可能性があります。

    既婚者や恋人持ちの友達とは関係を持たない


    友達が既婚者、もしくは付き合っている恋人がいる場合、肉体関係を持つことで面倒なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

    相手が既婚者なら不倫になるので、精神的な苦痛を受けたとして高額な慰謝料を請求されることでしょう。また、相手が結婚していなくても付き合っている恋人がいれば浮気になります。

    浮気の場合は婚約している場合を除いて慰謝料を請求されることはありませんが、友達の恋人から嫌がらせされたり、職場や学校に浮気の事実をバラされてしまうかもしれません。

    そうなると精神的に大きな負担になり、「こんなことになるなんて…」と後悔してしまうことでしょう。ですので、相手がフリーなら特に問題ないかもしれませんが、既婚者や恋人持ちの友達とは安易な気持ちで肉体関係を持つのは絶対にやめて下さい。