高校生のセックス事情!初セックスの感想や注意点も一挙公開【必見】

付き合ってからハグやキスはしたけど、もっと体に触れてみたい!お付き合いしている人とエッチしたい!と思っている高校生は少なくないでしょう。だけど恥ずかしくて人には言えない…という悩みを抱えている人に、今回は「高校生のセックス事情」をご紹介します。

  • 高校生の「セックス事情」どうなってる?

    中学生くらいから性に興味を持ち始める人が多いと思いますが、まだまだ子供の中学生だとただ悶々としている場合が多いでしょう。そして、高校生になり体も心も大人っぽくなるにつれて、大人と同じようなお付き合いをするカップルも少しずつ増えてきます。

    大人のカップルのようにお洒落な飲食店へ行ったりするのはもちろん、今の時代はセックスを楽しんでいる高校生カップルも少なくないかもしれません。

    今回こちらの記事では、高校生のセックス事情を調べた結果をご紹介していきます。

    高校生でセックス経験有の割合は減っている


    昔よりも高校生の年代でセックスをするカップルは多くなった印象がありますが、近年はセックス経験がある子の割合は減りつつあるそう。「東京都幼小中高心性教育研究会」の2013年12月の調査によると、近年は高校生のセックス経験率が最低レベルになっていることが分かったのです。

    セックス経験率を6年前の調査と比べると、男子は前回45%以上だったのに対し近年は約28%、女子は前回40%以上だったのに対し約18%まで落ち込んでいます。

    セックス経験率が減っている原因とは


    高校生のセックス経験率は数年前と比べると減っていますが、その原因として、人間関係が希薄になっていることや、コミュニケーション能力が低下していることなどが考えられるかもしれません。今ではいろいろな娯楽が増え、家で一人で楽しめるものも多くあります。

    その結果、恋愛をするよりも娯楽を優先する子供が多くなり、恋愛経験やセックスへの興味が薄れているのでしょう。人と関わることが減ったため、コミュニケーション能力も低下気味。積極的に異性にアタックできるようなコミュニケーション能力が、育ちきっていないともいえるでしょう。

    相手は同級生ではなく年上の場合も


    高校生の初めてのセックスは、身近にいる同級生の異性ではなく、校外の年上の異性が相手というケースもあるようです。近年はSNSや恋愛アプリの登場で、さまざまな異性と出会えるようになりました。その結果、別の高校の少し年上の異性と出会い、恋愛やセックスを経験するようになったのかもしれません。