ローションの使い方完全保存版|オナニーにもセックスにもおすすめ!

セックスやオナニーがマンネリ化したと感じたときに、救世主となってくれるのが「ローション」です。でも、ローションの使い方や種類を知らないと、どれを買っていいのかわからなくて困ってしまいますよね。この記事では、ローションの使い方、種類、体験談などを紹介しています。

  • そもそも「ローション」って何?

    セックスやオナニーを、より刺激的なものにしてくれるヌルヌルした不思議な液体、ローション。扱いが難しそうな印象がありますが、使い方や注意点をしっかりと押さえておけば安心して使用できます。そもそもローションとは何を目的としてヌルヌルとしているのでしょうか。まずはローションの基本的な知識について解説します。

    「ローション」とは


    ローションには、「化粧水の総称」と「性道具の1つ」の2つの意味があります。前者は髭剃り後や洗顔後のケアを目的とした液体と定義されています。対して後者は性交渉を目的として使用するローションのことです。

    性道具の1つであるローションは、さらに厳密にいうと「ラブローション」と「潤滑ゼリー」に分類されます。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

    「ラブローション」と「潤滑ゼリー」の違い


    ラブローションと潤滑ゼリーは、使用する箇所が違います。ラブローションは全身に塗ってマッサージすることを目的としており、潤滑ゼリーは局部に塗って潤いをサポートすることを目的としています。

    しかしラブローションと潤滑ゼリーをあえて分けず、「ローション」として販売しているメーカーも多いのが現状。そのため、成分や性質をチェックして、使い方に合わせて選び分けるのがおすすめです。

    オナニーにもセックスにも使える


    ローションと聞くとセックスや風俗で使っているイメージが強いかもしれませんが、実はオナニーにも使うことができます。特にオナニーは一人で行うためマンネリ化しやすい傾向にありますよね。時々ローションを取り入れることで、より刺激的なオナニーを楽しめますよ。

    また、セックスで使う場合も、使い方がとても幅広いのが特徴的。もちろん挿入時に膣内の潤いをカバーする目的で使えますし、リラックスするための全身マッサージにも使えます。

    ローション選びは目的に応じて


    さまざまな目的に応じた種類豊富なローションがあるので、用途や目的に合ったローションを選び分ける必要があります。

    大量に使う場合は高価なローションではもったいないですし、フェラに使うなら口に入れても大丈夫なものを使いたいところ。デリケートゾーンの潤いを補う目的であれば、吸水性の高い成分を含むものを使ったら逆効果ですよね。さらに、ローションにはゴムを溶かすような成分もあります。使う目的に応じて選び分けてくださいね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)