「アラフォー」って何歳のこと?懐かしいアラフォーあるあるも紹介!

「アラフォー」は40歳前後の人のことを指す言葉ですが、具体的には何歳を指すのかご存じですか。この記事では、アラフォーの具体的な年齢や、アラフォー世代が懐かしくなるような「あるある」を中心に紹介しています。また、魅力的なアラフォーになるための方法にも触れているので、ぜひご覧ください。

  • アラフォーは何歳から?その特徴を徹底調査

    40歳前後の人のことを、世間ではよく「アラフォー」といいます。では、一般的にアラフォーと言われるのは、何歳から何歳までの人なのでしょうか?また、アラフォーの人に当てはまる特徴はあるのでしょうか?

    今回は、アラフォーについて調べてみました。後半では、素敵なアラフォーになるためにはどうすればいいかにも触れています。人生の折り返し地点であるアラフォー、アラフィフライフを充実したものにするために、アラフォーの特徴を理解して、年齢と上手く付き合う方法を見つけましょう。
  • そもそも「アラフォー」とは?

    誰でも一度くらいは、アラサーやアラフォー、アラフィフという言葉を耳にしたことがあるでしょう。いつ頃からこれらの言葉がでてきたのか気になるところですよね。

    ここでは、アラフォーについてより理解してもらうために、アラフォーという言葉がいつ頃でてきて、何歳くらいの人のことを指すのかなどを紹介していきます。

    女性雑誌で使われた「アラサー」の派生


    今では当たり前のように、アラサーやアラフォー、アラフィフなどといった「アラ○○」が使われていますが、これらの言葉はいつ出てきたのでしょうか。

    これらの言葉ができたのは、2005年、女性ファッション誌『GISELe(ジゼル)』が、30歳前後の女性を「around30」略して「アラサー」という言葉で表現し始めたのがきっかけだと言われています。

    『GISELe』は30代の大人女子向けの雑誌で、30代の女性たちの発信力や、人や名前を略して言うのが流行った時代背景もあり、「アラサー」という言葉が定着していきました。

    今の「アラ○○」という言い方は、このときのアラサーから派生したものだと言われているのです。

    2008年のドラマ「Around40」で一般的に


    そして、アラサーという言葉がでてきてからおよそ3年後の2008年に放送されたドラマ「Around40 〜注文の多いオンナたち〜」で、「アラフォー」の呼び方が一般に定着したようです。

    仕事や結婚、出産など、40歳前後の人々が抱えていることをテーマにしたこのドラマは、同世代の共感を得ることに成功しました。また、人気女優が出演していたこともあり、平均視聴率が14.7%と高視聴を記録しています。

    このドラマの影響もあって、この年の流行語大賞を獲得した「アラフォー」は、世間でも当たり前のように使われるようになったのです。

    最初は女性だけを指していた


    現在では女性、男性関係なく40歳前後の人をアラフォーと呼んでいますが、アラフォーという言葉がでてきたときは、主に女性に限定されていたようです。

    語源である「アラサー」が女性誌で使われていたことや、ドラマが40歳前後の女性に焦点をあてた内容だったということもあって、「アラフォーといえば40歳前後の女性」という認識が一般的だったのでしょう。

    一般的に37歳~44歳頃までを指す


    では「アラフォー」は何歳から何歳までを指すのでしょうか?

    これには明確な正解はありませんが、一般的には37歳~44歳頃までの人を指すようです。ですが、人によっては35歳~40代後半までを指す場合もあるので、40歳を中心に前後5歳と認識しておけば大丈夫でしょう。

    ちょっと若く思われたい時など、場合によって使い分けるのも一つの手ですね。