気持ちいいキスの仕方とコツ【保存版】種類別のキスの仕方も紹介!

  • 気持ちいいキスをするための練習方法

    「知れば知るほど、気持ちいいキスがしたくなってきた」と感じたなら、今日からすぐに練習しましょう。どんなことも、上達するには練習が不可欠です。「でも、どうやって練習したら気持ちいいと感じてもらえるの?」という皆さんに、いくつかの練習方法をご紹介します。

    基本の練習は欠かせない!舌回しをする


    気持ちいいキスをするために欠かせない基本の練習は、舌を鍛えること。舌回しの練習で、自由自在に舌を動かせることができるようになれば、あとは種類別に仕方とコツをつかめば、気持ちいいと感じさせられます。

    いつでもどこでできる方法としておすすめは、食べ物を利用する方法です。小さめのキャンディを口にポイっと入れたら、舌を回して舐めるだけ。口の中のあちこちにキャンディを転がし、思いどおりの場所へ持って行くように舌を動かすと、効果的に舌回しの練習ができます。

    ただし、上手になりたいあまりに何度も練習すると、虫歯になるので注意してくださいね。

    女性にはこちらもおすすめ!ぬいぐるみを相手に練習


    女性だって、彼氏に気持ちいいと言ってもらいたいという気持ちは同じ。「上手になりたいけれど、練習するってなんだか恥ずかしい」と感じたら、お気に入りのかわいいぬいぐるみに相手になってもらいましょう。

    ぬいぐるみを相手に練習するときは、人の顔と同じくらいの大きめサイズで、顔が真正面を向いているものがおすすめです。顔を近づけるときの距離感や、鼻が当たらないようにするための顔の傾け方などがわかって、想像している以上によい練習相手になってくれます。

    家族に見つかっても、「かわいいんだもん!」と言って切り抜けられるのがメリットです。

    お手本がいっぱい!映画やドラマのキスシーンで学ぶ


    映画やドラマには素敵なキスシーンがいっぱい。これをお手本にしない手はありません。

    全作品が完成し、公開された『スター・ウォーズ』。有名なSF作品ですが、実は恋愛要素も盛沢山。おすすめは『スター・ウォーズ帝国の逆襲』です。

    うぬぼれやのハンの鼻をへし折ってやりたいレイアが、ケガをしたルークの頬を両手ではさんで唇を押し付けるシーンは、ルークにはちょっと気の毒な気も。そんな勝気なレイアも、恋愛の駆け引きに慣れたハンの焦らされるようなキスに翻弄されます。

    ダース・ベイダーに引き裂かれる場面でレイアとハンが交わしたのは、深いディープキス。いろいろなシーンが登場するだけに、胸キュンしながら学べておすすめです。

    欠かさずイメージトレーニングしよう


    トップアスリートが成功した時のことを常にイメージトレーニングしていることは、今ではよく知られています。鮮やかなイメージを繰り返し想像すると、脳が驚くべき働きをすることが、脳科学者によって証明されたからです。

    ポイントは、現実と区別がつかないほどの鮮やかなイメージを思い浮かべること。まだ実現していないときの脳は「これはまだ現実のことになっていないから、大急ぎで実現しなければ」と、周囲をお膳立てしていくと言いますから、びっくりです。

    脳が「早く実現させてあげよう」と頑張ってくれるなら、イメージトレーニングは気持ちいいキスの実現には欠かせない練習方法。毎日、ワクワクしながら取り組むのがおすすめです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)