気持ちいいキスの仕方とコツ【保存版】種類別のキスの仕方も紹介!

  • 気持ちいいキスがしたい!キスの種類と仕方を知ろう

    知れば知るほど、奥が深いキス。実はたくさんの種類があり、それぞれの仕方が違うという点も、奥が深いと感じるところです。どんな種類があって、どのようにすれば気持ちよくなれるのかを知って、シーンに応じて使い分けられたら素敵ですよね。ここでは、さまざまな種類とそれぞれの特徴をまとめました。

    鳥がヒント「バードキス」


    鳥のくちばしは、先端がとがっているのが特徴です。小鳥がくちばしを使って餌をついばんだり、木をつつくときの様子をヒントにし、バードキスと呼ばれています。

    小鳥の動きを真似ているだけに、唇を連続してチュッチュッと重ね合うのが特徴です。唇をすぼめると小鳥の動きを真似やすいとあって、すぼめた唇を前に突き出しがち。あまり真似しすぎると、おかしな顔になるので注意が必要です。

    気持ちいいキスというよりは、楽しみながらするキスと言えるでしょう。

    もともとの意味はリサーチ?「サーチングキス」


    英語で調べるという意味の「リサーチ」から名前が付いたとされていますが、日本人には聞きなれない名前です。

    相手の口の中に舌を差し込み、歯ぐきを舌でなぞったり、唇の裏側まで舐めるという、非常に濃厚な仕方が特徴。リサーチから名前がついただけに、相手の口の中を調べつくすという意味合いを持っています。

    濃厚なキスの中でも最大級に位置付けられているとあって、情熱的に愛を交わしたいときにはピッタリ。その反面、相手から嫌がられる可能性も高いため、徐々に濃厚にしていくのがいいでしょう。

    特にリードする側の男性は女性が抵抗を示したら、素早く引き下がるのがコツです。

    いつもしていたい!「ライトキス」


    海外では恋人同士だけでなく、親しい人間柄の人とのコミュニケーションとして行われているのが、軽く唇を合わせるライトキスです。

    「行ってきます」の挨拶と一緒にチュッ、「おはよう」の一言と共にチュッといった具合に、軽く、短くという仕方が特徴。恋人同士であっても、性的な印象を抱かせることが少ない微笑ましいタイプと言えます。

    「好きだからこそいつもしていたい!」という人には最適。男女問わず、最初に習得すべき基本のパターンではないでしょうか。

    唇でとりこにしちゃおう!「プレッシャーキス」


    プレッシャーというと精神的な圧力を連想しがちですが、単純に「押しつける」という意味合いでついた名前です。

    軽く触れあったり、ついばむように唇を合わせるのではなく、唇と唇を密着させるのが特徴。上手な仕方のコツは、まずは互いに唇を軽く触れ合わせ、そこから軽く押しつけるのがポイントです。

    唇同士がぴったりと密着したときに気持ちよさが感じられるとあって、軽く押しつけるのがおすすめ。とはいえ、少し圧力を増すとより密着度が高まり、興奮できます。

    唇同士が密着することがコツですので、ぷるぷるの唇でトライすると、より気持ちいいと感じるでしょう。

    興奮でゾクゾク!ディープキス


    唇を重ねたあと、互いの舌も触れ合わせるのが特徴。「深い」という意味の名前になっているだけに、恋人同士や結婚相手との間でするのが一般的です。

    欧米では友人とも気軽にキスを交わしますが、互いの舌が触れ合うくらいとなるとかなり唇が密着します。当然のことながら、唇だけでなく体全体もぴったりとくっつくとあって、恋人同士の証でもあるのが特徴。

    彼氏が普段とは違って濃厚に迫ってきたら、女性も存分に応えたいところです。2人の気持ちが高まって、よりいっそう愛情が感じられるでしょう。

    意味の取い違いに注意!「フレンチキス」


    日本でフレンチキスと言えば、「軽く唇を触れ合わせる仕方」と捉えている人は多いのではないでしょうか。実際、日本では軽く触れ合うイメージで浸透しています。

    けれど、フレンチという名前からもわかるように、発端はフランス。フランスという国は性に奔放な国民性で知られているとあって、実はディープキスと同じ意味をもつキスなのです。

    日本人女性がフランス人男性と付き合った場合、「フレンチキスをしたい」と言われてOKを出したら、びっくり仰天することでしょう。言葉の起源やお国柄も知っておく必要がありそうです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)