連絡先交換後すぐ返信するのは脈あり、やんわり流すは社交辞令…「男性に対して、「ただの社交辞令」と「脈ありサイン」の使い分けとは?」110人に聞いた女性の本音

連絡先交換後すぐ返信するのは脈あり、やんわり流すは社交辞令…など「男性に対して、「ただの社交辞令」と「脈ありサイン」の使い分け」について紹介します。(2014年3月実施 10~20代独身女性110名)

  • 男性に対して、「ただの社交辞令」と「脈ありサイン」をどう使い分けていますか? あなたなりのルールがあれば教えてください。(例・「社交辞令なら『今度飲みに行きましょう』で済ませるが、気になる男性が相手なら、即座にアポを取る」等)

    社交辞令でもいつ脈ができるかわからないので、常に慎重になる(20代女性)


    社交辞令が基本的。気になる男性の場合は積極的に恋愛に対する話題を出しておく(10代女性)


    社交辞令はたまに褒める 脈アリはしょっちゅう褒める(20代女性)


    社交辞令は「いつか飲み行きましょう」。脈ありは「この日辺りに飲みに行きましょう」。(20代女性)


    社交辞令なら次の約束はあいまいにする、本気ならその場で次の約束を取り付ける(20代女性)


    一緒に行けるイベントがあれば、必ず出席する(20代女性)


    社交辞令は基本的にしないが、脈ありならがんがん押す(10代女性)


    社交辞令なら予定がなくてもちょっと都合がという。(20代女性)


    社交辞令なら「今度おごってください」「今度連れて行ってください」など相手の負担になるよう仕向けるが、脈ありなら「いつ行きますか?」という(20代女性)


    社交辞令なら文章の最初に「お疲れ様です」など、仕事で使うような文面を入れる(20代女性)


    機会があれば飲みに行きましょうっていうか…いつ飲みに行きますか?と誘うか(20代女性)


    社交辞令の場合はその場かぎりで話をふくらませない(10代女性)


    本気ならこちらから食事に誘ってしまう。メールなどで約束をとりつける(20代女性)


    好意のある異性には自分から話しかけたりして違いをアピール(20代女性)


    優しさとの違いを、みわけるようにしてみる(20代女性)


    「脈ありサイン」嬉しそうに話して即実行 (20代女性)


    目が合えば脈ありと思う。目があわなければ社交辞令。(20代女性)


    社交辞令ではなく、本気気持ちがあるときはお約束するときも具体化して、スケジュールを確実にする(20代女性)


    特にそのようなルールはないですが、勘違いさせないように今は彼氏いらない~とかそんなことをさりげなく会話に入れる事はあります(20代女性)


    そのきがないひとはかんぜんにむしする。きょうみないですよ、という態度をとる(10代女性)


    社交辞令なら笑顔で今度ご飯に行きましょう、や、飲みに行きましょうと言いますが、気になる男性なら、4月に行きましょうとか、あそこのお店気になっているので、一緒に行ってくれませんか?という(20代女性)


    誘われた日が、都合が悪くても、脈ありサインとして別の日をこちらから提示する。(20代女性)


    社交辞令は今度と言い、脈ありならすぐ日程を決める(20代女性)


    相手をほめる言葉でも、社交辞令ならそれを強調して話すけれど、気になる相手ならさりげない感じで言う(10代女性)


    社交辞令なら機会があれば飲みに行きましょう、といい、気になる人にはぜひ○○(場所)あたりで飲みましょうと具体的な場所を言う(20代女性)


    社交辞令なら「今度」で済ませて、実際には絶対に行かない。気になる男性なら具体的にアポを取る。(20代女性)


    社交辞令なら今度飲みに行きましょう、ですませてしまう(20代女性)


    特になし。何とも思ってない人とは2人では絶対にのみに行かない(20代女性)


    社交辞令なら相手の話に適当に合わせるだけで、こちらからは特にアクションしない。気になる男性には自分から誘う。(20代女性)


    食事に誘われて気があれば実際に食事をしたり会ったりする。(20代女性)