「キザな男」の特徴とは?キザなセリフ集や紳士との違いも詳しく解説

世の中にはキザと呼ばれる男性がいる一方で、紳士と称される人もいます。キザな男と紳士を比べたら、紳士を選ぶ女性が圧倒的に多いように思えるものの、「その線引きはいったいどこ?」という気もしますよね。そこで今回は、両者の違いをさまざまな角度から比較してみました。

  • あなたの周りにもいる?「キザな男」

    突然ですが、あなたの周りには「キザな男」はいますか?「いるいる~」という女性は少なくなさそうです。

    けれど、中には「キザな男って芸能人とか、日常生活とは無縁な人でしょ?」という意見も多そう。そう言われるとそんな気もしてくるキザな男とは、いったいどんな男性のことを言うのでしょうか。その言動や、しばしば特徴として見られる要素について探っていきます。

    どんな男性のことを言うのかがわかれば、「これってあの人のことじゃない?」という人が、意外と近くで見つかりそうですね。

    そもそも「キザ」ってどういう意味?


    「キザ」という言葉はテレビや映画、小説などでおなじみですが、実際にどのようなことをキザというのかが、イマイチよくわからないという人も多いそう。おそらく「こういう人のこと」という定義が、広く知れ渡っていないからでしょう。

    そもそもキザとは、漢字にすると「気障」と書き、2とおりの意味があります。ひとつは服装や言動などが気取っていて、それが嫌な感じを与えるケース。もうひとつは、気にかかることや心配なことです。

    キザという言葉を使う時は、圧倒的に男性の服装などの見た目や言動から用いています。もうひとつの理由である、気がかりなことや心配なことで「キザ」という言葉を使うケースは、ほとんどなさそうですね。

    キザはネガティブな言葉だった!


    ダンディな俳優さんに対しては、褒め言葉として使われることもよくあります。彼らは役者ですから、キザなセリフを口にしても格好よく決まるとあって、ポジティブな意味合いで使ってもしっくりくるからでしょう。

    とはいうものの、古くから日本で使われてきたキザという言葉には、不快な感じを起こさせるという捉え方がされてきました。時代をさかのぼればさかのぼるほど、褒め言葉として使われることはほとんどなくなっています。

    最終的にはマイナスイメージだけと言っても過言ではないほど、ネガティブな印象を与える言葉だったのは、今の時代ではちょっとした驚きと感じそうです。