いとこ同士の結婚はOK?いとこ婚のメリット・デメリットを徹底解説

いとこ同士だけど結婚したい!と思っている人は、少数かもしれませんがゼロではないはずです。もしいとこを好きになったら、「いとこ同士の結婚って世間的にはどうなの?」「いとこ同士で結婚したらどんな問題が生じるの?」「そもそもいとこ同士で結婚してもいいの?」と不安でいっぱいになってしまうでしょう。今回は、いとこ同士の結婚についてご紹介します。

  • いとこ同士で結婚するのはOK?NG?

    いとこ同士で結婚と聞くと、「世間的にどうなの?」「血縁関係だから結婚できないのでは?」と思ってしまいますよね。兄妹や親子同士の結婚は法律で禁止されていますが、親戚である従兄弟(いとこ)とは結婚できるのでしょうか?

    いとこ同士の結婚は法律上は問題なし


    結論から言いますと、いとこ同士の結婚は法的に問題ありません。「日本っていとこ同士で結婚できる国なの!?」と驚いた人も少なくないでしょう。たしかに、いとこ同士の結婚を認めていない国もありますし、いとこ婚が可能な日本で暮らしていても、いとこ同士の夫婦について見聞きする機会は少ないかもしれません。

    しかし、日本では昔からいとこ同士で結婚をするケースがあり、現在も世間的にあまり知られていないだけで、いとこ同士の夫婦は一定数います。

    「いとこ婚」という言葉も存在


    いとこ同士の結婚は日本では法的に認められており、特別な手続きをしなくても市役所で婚姻届を提出すれば簡単に受理されます。また、いとこ同士で結婚することを「いとこ婚」と言い、昔から親戚内で結婚をすることは珍しくなかったようです。

    ちなみに天皇家の歴史を紐解いてもいとこ婚が多く、平安時代は藤原氏の娘と婚姻する機会が多かったようです。それを何代にも渡って繰り返したため、必然的にいとこ婚や近親婚が多くなったと言われています。

    世間的には結婚がOKと知らない人も多い


    いとこ同士の結婚は法律的に認められてはいますが、世間的にはあまり一般的と思われていないのが現実でしょう。特にいとこ同士の中には、昔から一緒に過ごした兄弟姉妹のような関係を築いている人もいます。

    そんな人から見れば「いとこのような身近な親戚と結婚するなんてありえない」「近親婚は子供に悪影響が出ると聞くから絶対にしてはいけない」と思ってしまう人も多いのです。