器が小さい人の特徴とは?恋愛傾向や上手な付き合い方も一挙公開

何かと細かくて意固地な「器が小さい人」。器が小さいというだけで、他人にどんな思いをさせているのでしょう。もしかすると他人はうんざりしている可能性もあります。この記事では、器が小さい人の特徴を見ながら、付き合い方や改善策をご紹介していきます!

  • 人間的にも魅力ナシ!「器が小さい人」

    あなたのそばに、「器が小さい」と感じる人はいますか?はたまた、自分が器の小さな人間になっている可能性はあるでしょうか。

    器が小さい人間は、自分の自己主張を存分に発揮している裏で、他人から冷ややかな目で見られている可能性があります。自分ではそんなつもりがなくても、他人から見ていて「器が小さい」と感じられてしまえば、人間としての価値も下がってしまうでしょう。

    今回は、器が小さい人に焦点を当てていきましょう。器が小さい人との付き合い方に悩んでいる人、自分が器が小さい人になっているかもという心配を抱えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    そもそも「器が小さい」の意味って?


    いい意味での印象も持たれない「器が小さい人間」。器が小さいとは、どんな意味を示すのでしょうか。

    それは、度量が小さい、引いては余裕を持たない人間を指し示します。些細なことでも過剰に反応して、どうでもいいことまでつつく人間は、許容量も少ないものです。自分の中のポリシーが強く、他人の意見に耳を貸す事が出来ません。

    落ち着いて考えれば受け入れられることも、余裕のなさから拒絶をしてしまうのでしょう。そうした人は、他人とのコミュニケーションが一方通行になってしまいがちで、呆れられることも。器が小さい人間は、誰が見ても融通が利かない人として映るでしょう。

    器が小さい人はモテない!


    他人に好意を持ってもらうには、印象がとても大事です。他人に与える印象がよくないものであれば、モテることはないと言えるでしょう。器が小さい人間は、好感度を与えることが難しい傾向にあります。つまり、器が小さい人はモテないのです。

    自分は恋愛に縁がない、なかなかモテない…そんな悩みを抱えている人は、自分の器が小さいせいかも知れません。思い当たる節がなくても、他人にそう思われていることもあります。自分の振舞を見返して、器が小さい人間になってしまっていないか思い返してみましょう。

    器が小さいのは主に男性?


    器が小さい人は、男女問わずいるものです。しかし、器の大きさが人としての判断基準になるのは、男性の方が多いもの。それは、男性に対して「男らしい度量」を誰もが求めるからなのです。器が小さい人=男らしくない、と判断されることってありますよね。「男性は細かいことを気にするべきではない」という先入観があるからでしょう。

    女性はどうかというと、反対に細かさが求められてしまうもの。細かなことに気を配れる=女性らしいという判断をされるのです。小さなことにも気を配れる女性は「女性らしい」「しっかりしている」と判断されるはず。しかし、ケチな一面が出てしまうと、それは器の小ささを主張してしまうので、気を付けましょう。
  • 器が小さい人の性格と特徴①

    早速、器が小さい人の性格と特徴を見ていきましょう。器が小さい人と接してみると分かりますが、どうしてもネガティブな特徴が多く見られます。「あの人と付き合うのは疲れる」と思われてしまうことも、多いはず。

    まずは、器が小さい人のネガティブな性格による特徴を挙げていきます。日常生活で見られる特徴なので、思い当たる点も見つかるかも知れませんよ。

    短気ですぐ怒る


    我慢が足りずにすぐに怒り出す人は、余裕のなさが見て取れます。元々の許容量がそれほど多くはないので、一気に色んなことを受け入れられないのです。受け入れられないのであれば、一歩身を引けばいいのですが、器が小さい人はそれが出来ません。そして、怒り出します。

    「怒ることないじゃん」と、周りの人は思うでしょう。それほど些細なことでも、過剰に反応してしまうのです。「自分の都合を無視されている」と感じて、一気に逆上するケースも。

    他人のことがよく見えておらず、自分のペースで貫きたいという性格の持ち主に、よく見られる性格でしょう。

    人からの指摘を極度に嫌がる


    器が小さい人の中には、プライドが高い人もいます。または、自分の中で決めたルールを破りたくなくて、融通を効かせられない人が多いでしょう。そういった人は、人からの指摘を極度に嫌がる傾向にあります。他人に助言を求めたわりに、意見をされると怒り出す人が、まさにそれですね。

    悩みに対して助言をしてあげたとしても、器が小さい人からすると「何もわかっていない」と反発心を持つきっかけに。最初から自分の望む言葉を期待していて、それに見合った言葉でないと納得出来ないのです。自分が他人から指摘されるといった現実そのものも、受け入れられないのでしょう。

    混雑や渋滞にいらいらする


    ドライブの時の渋滞や、デートスポットの混雑にも、器が小さい人には耐えられないこと。自分の考えたプランを細かく遂行したい気持ちが強く、イレギュラーな状況には対応できないのです。少しでも余裕があれば、その時間をどうやって楽しむか考えられますが、余裕のない器の小さい人には困難なのかも知れません。

    言葉では「怒ってないよ」と言っても、仕草や表情で苛立ちを隠せない人もいるでしょう。ぶつぶつ文句を言ったり、他人に横柄な口を聞いたり、自分の感情をむき出しにしてしまい「この人器が小さい」と思われてしまいます。デートの時くらいは、少しでも余裕を持つ心掛けを持った方がいいですね。

    他人の噂話や悪口が多い


    何かと言うと、他人の話を持ち出す人っていますよね。それがポジティブな話であれば、一緒に過ごしていても楽しめるでしょう。ですが、器が小さいと感じる人間の口から出る話は、大抵が大袈裟な噂話か悪口。あまりにも多すぎると、「またそんな話か」と相手の気持ちを萎えさせてしまいます。

    何故そんな話が多いのかといえば、一口にすっきりするからです。他人のネガティブな話で笑いを取ろうとする人もいますし、自分が優越感に浸ろうとする人もいます。器の小さい性格が災いして、苛立ちを溜め込みやすくなっているので、他人のネガティブな話をするとすっきりするようです。