初キスで失敗したくない!キスのタイミングから注意点まで一挙大公開

  • 必見!上手な初キスの誘い方

    積極的にキスをしてくれる女性に対し、好印象を抱く男性は多いです。しかし積極的にキスをして、「本当に受け入れてもらえるのか」「引かれてしまわないか」と不安に思う女性もいるのではないでしょうか?

    そんな時は、自分から初キスに誘ってみてください。上手にキスを誘えば、男性から初キスをしてもらうことも可能です。

    ここからは上手な初キスの誘い方をご紹介します。キスがまだの女性は特に必見です。

    見つめ合う


    男性から初キスをしてほしいと考えているのであれば、相手の目を見つめてみてください。女性の中には、なかなか積極的にキスをできないと考えている人もいるはずです。男性はそんな女性の気持ちを察してくれないこともあります。

    しかし、キラキラした目で見つめることによって、気持ちを察してもらいやすくなるでしょう。男性にドキドキしてほしいのであれば、見つめる前に目薬でウルウルした目を作ったり、涙袋にキラキラのアイシャドウを仕込む方法がおすすめです。

    頬にキス


    男性のことを見つめていても、なかなか初キスをしてくれないこともありますよね。そんな時は唇ではなく、頬にキスをしてみてください。唇にキスをするのは恥ずかしいと思っている女性でも、頬ならキスしやすいのではないでしょうか?

    頬にキスをしたあとに見つめることで、より男性をドキドキさせることができるはずです。自分からの初キスが恥ずかしい人だけでなく、ドキドキ感を与えたい人にもおすすめします。

    「キスして」と伝える


    男性の中には、女性の気持ちを察するのが苦手な人もいます。そんな人には直接伝える必要があるでしょう。「キスして」と直球で伝えることによって、自分の気持ちを素直に伝えることができます。

    そのうえで男性をドキドキさせたいと考えているのであれば、小声で伝えるのがおすすめです。耳元でささやくことによって、あなたのことをセクシーだと感じてくれるでしょう。

    唇を突き出す


    恋愛に対して積極的なキャラクターの女性なのであれば、唇を突き出してアピールする方法もおすすめです。思いっきり唇を突き出してしまうと可愛さはありますが、ムードが台無しになってしまうため、少しだけ突き出すようにしてみてくださいね。

    この時、恋愛経験の少ない彼ならキスを求められていると考えないこともあります。そのような場合は「ん」と一言添えるだけで、キスをしてもらいやすくなるはずです。
  • 初キスで失敗しないための注意点!

    「あまりキスをしたことがない」という女性は、初キスで「失敗するのではないか」などの不安を抱えているのではありませんか?そんな時は、事前に失敗しないための注意点を知っておくと安心です。

    ここからは初キスで失敗しないための注意点について掘り下げていきます。スムーズにキスができると相性が良いといわれていますので、次の項目を参考にして素敵な初キスをしてくださいね。

    キス中は目を閉じておく


    キスをする際に、目を開けてしまう人がいます。これは相手の唇がどこになるのかわからず、目を開けていないと間違った場所にキスをしてしまう可能性があるからです。しかし、目を開けていると相手から「怖い」という印象を持たれてしまうことも。

    なので、キス中は必ず目を閉じておきます。どうしても間違った場所にキスをしてしまうと思うのであれば、彼の顔に手を添えると安心です。

    歯がぶつからないように気を付ける


    あまりキスに慣れていない人に良く見られるのが、キス中に歯がぶつかることです。歯はとても固いので、相手の唇に当たってしまうと出血することも。そうならないためにも、キスの時は歯がぶつからないように注意してくださいね。

    歯がぶつからないようにするためには、唇を少し突き出すような形にすると良いでしょう。そして、キスのタイミングを相手と合わせることで、歯がぶつかるのを防ぐことができます。

    初キスでは鼻が当たらないようにする


    相手に対して真正面からキスをしようとすると、鼻が当たってしまいます。鼻は顔の中で最も出っ張っている部分なので、キスの際にぶつかりやすい部分と言えるでしょう。鼻が当たらないようにするためには、顔を少し傾ける方法がおすすめです。

    鼻がぶつかったままキスをするカップルもいますが、初キスの場合はキスが下手だと思われる原因にもなります。そのため、鼻が当たらないように注意してみてくださいね。

    相手のペースに合わせる


    キスでは、基本的にお互いのペースに合わせることが大切です。なので、独りよがりになってしまうキスは避けてくださいね。相手も「キスをしたい」と思う瞬間が必ず訪れます。その習慣を狙ってキスをすることで、彼は相性の良さを実感できるはずです。

    初キスでは彼がどのようなキスをしてくるのかわからないため、初めは彼に身を委ねることも必要。キスのきっかけさえ作ることができれば、彼も積極的にキスをしてくれるはずです。