「距離が近い人」の心理とは?男女の本音と気持ちの見極め方を解説!

話しているときに「この人、距離が近い」とあなたが感じる相手は、パーソナルスペースが狭い人ということです。この記事では、パーソナルスペースとは何か、男女の違いはあるのかについて解説します。距離が近い人の特徴や、苦手な場合の対処法も紹介しますので、お困りの方はぜひご覧ください。

  • 「距離が近い人」が苦手…どう対処すべき?

    話している内容や、その人のことが好きか苦手かに関わらず、「なんだか居心地が悪い」と感じることはありませんか?そのときは、相手があなたの縄張りに侵入されているのかもしれません。

    縄張りとは、自分と他人の心理的・物理的な距離を指します。私たちは無意識に他人と一定の距離を取り、その距離が保たれている状態で安心できるのです。この縄張りのことを「パーソナルスペース」といいます。

    パーソナルスペースの広さには個人差があり、広い人や狭い人が存在するため、好き嫌いに関係なく他人との距離感に違和感を感じることがあるのです。パーソナルスペースが狭い人から広い人を見ると「仲良くなれないな」と感じます。逆に、広い人からすると、狭い人は「近い!離れて」と感じるでしょう。

    今回は、パーソナルスペースが狭く距離が近い人の対処法について解説します。