Dカップは理想の大きさ?メリットやあるあるな悩みなどを一挙紹介

  • Dカップになるためのマッサージ&エクササイズ

    お次は、バストアップに効果的なマッサージやエクササイズを詳しくご紹介していきます。難しいものより、自分に出来そうなもの、合ったものを毎日コツコツと続けていきましょう!

    また、指どおりが良くなりマッサージがしやすくなるジェルやクリームなども多く販売されています。アロマ成分が入っているものや、保湿効果が高いものなど、自分好みの物を揃えれば、飽きずに楽しみながら行えますね。

    リンパマッサージ


    リンパマッサージは、身体の一部ではなく、数か所をマッサージする事で効果が高まります。まずは鎖骨を内側から外側になぞるようにマッサージしていきます。次は脇の下に移動し、グッと押し込むようにマッサージしてください。脇を締めながら行うとより効果的ですよ。

    脇が終わればついにバストへ移動です!円を描くように乳房を全体的にマッサージしたら、下から上にさする様に持ち上げます。ゆっくりと行うのを意識しましょう。そして最後に両手でバストを下から上に持ち上げながら軽く叩きましょう。

    リンパが詰まっていると、身体がむくんだり、老廃物が溜まったりなど、バスト以外にも悪影響が出てしまうので、身体の為にも習慣づけるようにしたいですね。リンパマッサージを行う際には、力が入りすぎないように気をつけながら行いましょう。

    ツボ押しマッサージ


    ツボ押しと言えば足裏のイメージがありますが、人間の身体にはたくさんの場所に様々なツボがあります。もちろんバストアップに効果的な「乳腺を刺激する・女性ホルモンを分泌させる・血行が良くなる」ツボもあるんですよ。

    おすすめは胸のほぼ中心にある「壇中」というツボ。壇中には、女性ホルモンの分泌の他にストレス解消の効果もありますので、日々仕事に追われている女性におすすめです。その他に、鎖骨の端から親指一つ分下がった部分にある「中府」は、リンパの流れを良くする働きがあります。

    自分にはどんな「ツボ」が必要なのか、調べながら行うのも楽しいですね。

    肩甲骨ストレッチ


    実は肩甲骨は、バストアップの大きな役割を持つ部位と言われています。肩甲骨の周りにある筋肉が固まってしまうと、バストが下がってしまいまい、見た目も悪く、萎んでしまったような印象になってしまいますので、特にデスクワークの方は毎日ストレッチを行いましょう。

    おすすめな肩甲骨ストレッチは、肘を曲げて肩の高さにあげ、ゆっくり後ろに引いていきます。そのまま肘を下げ、同じ動作を3回程度繰り替えす、という簡単なもの。肩甲骨がガチガチになってしまっている人は、簡単なストレッチだけでも、じんわりと効いているのが分かると思います。

    朝起きた後・仕事の休憩中など、場所を選ばないストレッチなので、生活の中にも取り込みやすいのも嬉しいですね。

    膝付き腕立て伏せ


    膝をついた状態での腕立て伏せなので、通常の腕立て伏せよりも負荷が少なく、筋トレ初心者の女性にもやりやすい膝付き腕立て伏せ。この筋トレでは、バストの土台である大胸筋をしっかりと鍛える事が出来ます。また、バストだけでなく、二の腕を引き締める効果もあるので、女性にとって嬉しいことだらけです。

    やり方はとても簡単!通常の腕立て伏せを行うフォームになり、膝を付いて腕立て伏せを行うだけ。背中が丸まらないように意識するのがコツです。

    ダンベル持ち上げ


    ダンベルが必要になりますが、持ち上げるという行為は小胸筋を効率的に鍛える事が出来ます。ダンベルの重さは、重すぎず軽すぎない、~2キロ程度のものがおすすめですよ。バストアップを狙う場合、仰向けに寝転びながら持ち上げるとより効果的です。早く持ち上げるのではなく、呼吸を意識しながら一回一回ゆっくりと持ち上げるようにしましょう。