Dカップは理想の大きさ?メリットやあるあるな悩みなどを一挙紹介

  • Dカップ女性のあるあるな悩み

    ちょうど良い大きさで、どんな服も似合う「Dカップ」ですが、該当する女性には、Dカップならではの悩み事もあるようです。お次は、Dカップ女子のあるあるな悩みをご紹介していきます。胸が大きい女性は、「わかる~」と頷いてしまうかも!

    形が崩れないよう気を遣う


    「胸が垂れたり形が崩れるのが怖いので、30代に入って本格的に下着に気を遣うようになりました。普段使いのブラも上向きになるようなものを選んで、ナイトブラも新しく買って…。もう少し小さければこんなに神経質にならなくて済んだのに…。」(31歳/女性/事務職)

    Dカップはほどよい大きさで形が綺麗な女性が多いのですが、年齢を重ねても美胸をキープするのは大変ですよね。寝る時もうつ伏せになってしまうと胸が潰れてしまいますし、猫背になってしまうと胸が垂れてしまいます。

    Dカップはちょうどいい大きさとはいえ、ボリュームのあるサイズです。美胸をキープするためには、それなりの努力が必要なのでしょう。

    意外と小さいと言われる


    「彼氏に「本当にDカップ?小さくない?」と言われたことがあります!男はDカップを巨乳ってイメージし過ぎ!」(21歳/女性/学生)

    男性の中には、Dカップと聞いてグラビアアイドルのような巨乳をイメージする方も多いようですね。しかし、アンダーサイズによって見た目の印象はガラリと変わるので、意外と小さいと言われたことがあるDカップ女子も少なくないのです。

    走ると揺れて邪魔!


    「胸の成長が早くて、高校生の頃には今とほとんど同じぐらいの大きさでした。体育の授業で走るときは、スポブラを付けても胸が揺れて邪魔だったし、男子の目線が気になって嫌だったなぁ…。今でもジムに行くときは、揺れないようにスポブラを付けています。」(27歳/女性/営業職)

    走る時に胸が揺れると邪魔ですし、生理前や生理中は痛みも伴いますよね。また、ゆっさゆさと胸を揺らして走っていると、男性の目線も気になります。胸が小さい女性にとっては贅沢な悩みに聞こえるかもしれませんが、Dカップ女子の中には、A・Bカップになりたい!と思っている方もいるんですよ。

    肩が凝る


    「とにかく肩が凝る!事務職なので、毎日パソコンを睨みっぱなし。胸が重いといつの間にか猫背になっていて、肩が痛くなるほどです。もう少し小さいサイズでも良かったかなぁ…」(26歳/女性/事務職)

    先程もご紹介しましたが、Dカップの重さは両胸でグレープフルーツ2個分と言われています。その重さを毎日肩に乗せているわけですから、どうしても肩が凝ってしまいますよね。肩を揉んでも、シップを貼っても、胸の重さが原因なので、なかなか解消しにくいのが困ったところなんです。

    しかもこの悩み、Dカップよりも小さいサイズの女性には「嫌味なの?」と思われてしまうこともあるので、同性にも相談しにくいんです…。