Dカップは理想の大きさ?メリットやあるあるな悩みなどを一挙紹介

  • Dカップの良いところって?

    可愛らしくもなれる、セクシーにもなれる、ちょうど良い大きさのDカップですが、「ちょうど良いサイズ」というメリット以外にも沢山の良いところがあります。

    服を素敵に着こなせる


    胸が大きすぎると、ニットなどの柔らかい素材の服を着ると着膨れし、太って見えてしまうことがありますよね。また、胸が小さいと、女性らしいラインが強調しにくく色気を出すのが難しくなります。

    しかし、Dカップは大きすぎないサイズなので、ニットなどを着ても着膨れせず綺麗に着こなす事が出来るのです。胸を強調するようなタイトな服でも、Dカップの大きさがあれば色気を出しながらスッキリ着こなせます。

    自然な谷間ができる


    無理やり谷間を作ると、どうしても“寄せた感”が出てしまい、不自然な仕上がりになってしまいますよね。しかし、Dカップは無理せずとも自然に谷間が出来るちょうど良いサイズなのです!

    ほどよく覗く谷間は、上品さを出しながらもセクシーさを演出するのにバッチリ!Dカップもあれば、胸元が開いたドレスなども似合いますね。

    全体的にバランスが良く見える


    胸は小さいのにお尻にボリュームがあったり、身長が低いのに胸だけが大きくて太って見える…など、アンバランスな体型がコンプレックスな女性もいますよね。しかし、Dカップは低身長の方でも大きすぎる事はありませんし、お尻が大きくてもアンバランスになってしまう程小さくはありません。全体的にバランスが良く見えるのですね。

    くびれを強調すれば、バストのおかげでウエストも細く見えますので、寸胴体型が多いと言われている日本人にとって、Dカップは嬉しいサイズである事は間違いありません。

    露出が多い服を着ても下品にならない


    Dカップは、胸元が開いた服を着ても、谷間が主張しすぎないため、下品になりにくいというメリットもあります。無理して谷間を作らずとも、上品な柔らかい印象を与えられるのは、Dカップというちょうどいい大きさならではです。