Dカップは理想の大きさ?メリットやあるあるな悩みなどを一挙紹介

  • そもそもDカップってどんな感じ?

    女性は普段、カップが入っている下着をつけている方が多いので、胸の大きさが本来よりも大きく見えています。脱いだ時に意外と小さく見えるのは、この下着に付いているカップのせいなんです。また、胸を強調する服を着れば、実際よりも大きく見せることも可能なので、パッと見ただけでは、女性のカップを測るのは困難です。

    特に男性は、「Dカップ」と言われても、具体的な大きさを想像するのは難しいですよね。まずはDカップの大きさについて、どれぐらいの大きさなのか、知っておきましょう。

    「Dカップ」の大きさ・見た目


    基本的に、胸の一番高いところ(トップ)から胸の膨らみの下(アンダー)との差が約17.5cmあるバストが、Dカップとされています。しかし一概にDカップと言っても、アンダーのサイズによって見た目の印象はかなり変わってきます。

    例えば、アンダーが65cmの華奢な体型の場合、Dカップでもそこまでボリュームを感じないでしょう。Dカップだと言っても信じてもらえないかもしれませんね。一方でアンダーが75cmある女性の場合は、パッと見ても充分大きいバストだと印象に残るでしょう。

    Dカップだからといって、みんなが同じ大きさ・見た目なのではなく、アンダーサイズによって印象が大きく変わるという事は、女性だけでなく男性も知っておきましょう。

    重さはグレープフルーツ2個分!


    胸は脂肪で出来ているので、カップが大きければ大きいほど、重くなっていきます。胸の大きい女性の悩みである「肩が凝る」というのも、胸が重いのが原因なんです。

    Dカップの重さは両胸で約758gほど。果物で例えるとグレープフルーツ2つ分。結構ずっしりと重さを感じますよね。ちなみにAカップは約326gで、シマリス2匹分。そしてFカップでは、なんと1Lのペットボトルとほぼ同じ重さになります!毎日1Lのペットボトルが肩にのし掛かっていれば、凝ってしまうのも当然です…。

    「Dカップ」は女子にとってちょうどいいサイズ感!


    Dカップは、女性らしい凹凸のあるラインを演出できる大きさですが、大きすぎないため下着選びにも困りません。あまりにもバストが大きすぎると、ランジェリーショップに合うサイズが置いていない事が多く、また、可愛いデザインの下着も少なくなってしまいます。

    A・Bカップの女性は、もう少しボリュームが欲しいと感じ、Dカップ以上の女性は、もう少しボリュームを減らしたいと悩んでいる方が多いので、貧乳と巨乳の中間であるDカップは、女性にとって「ちょうど良い」大きさなのですね。そのため、「Dカップぐらいの大きさが良かった」と感じている女性が多いのでしょう。

    「Dカップ」は男性受けが良いって本当?


    Dカップは女性にとってちょうど良いサイズであることは勿論、男性にも人気なサイズです。小さすぎず、大きすぎる事もないので、多くの男性のストライクゾーンに入る事が出来るんですね。ただ、巨乳が好きな男性にとっては、意外と小さいと感じるかもしれませんので、Dカップの女性は巨乳アピールをするのはおすすめしません。

    男性側からすると、Dカップは、適度に色気があって、品の良い印象を受けるのでしょうね。