好きな人とのLINEのやりとりのコツ!脈あり&脈なしサインも解説

好きな人に対して、皆さんはどのような内容のLINEを送りますか。返信の内容によっては舞い上がったり落ち込んだり、好きな人からLINEが届くだけでドキドキしますよね。今回は、好きな人とのLINEのやりとりのコツを詳しく解説するので、興味のある方は必見です!

  • LINEのやりとりで好きな人の好感度を上げよう!

    好きな人にLINEを送るときに、既読スルーされないか心配になったり、長くやりとりを続けたいのにうまくいかなかったりなど、ネガティブな考えや感情がぐるぐると回ることってありますよね。好きな人からの返信によっては、舞い上がったり落ち込んだりすることもあるでしょう。

    そこで今回は、好きな人とのLINEのやりとりの重要ポイントやコツ、注意点について詳しく解説します。LINEの内容でわかる脈あり&脈なしサインや、相手の気持ちを確かめる方法についても併せて紹介するので、興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね!
  • LINEのやりとりで重要なポイントは?

    好きな人とLINEのやりとりをするときは、自分とのやりとりを楽しんでもらえるように気を遣うのがポイントです。ここでは、好きな人とのLINEのやりとりで重要なポイントについて詳しく解説します。

    やりとりする内容


    LINEのやりとりで最も重要なのは、相手に送る内容です。男性は長文のLINEを苦手とする傾向にあります。LINEはチャット感覚で利用するという人も多いため、1〜2文ごとに送信するようにしましょう。

    とはいえ、「今日は寒いね」「今日友達とこんなことがあったんだ」などと一言だけ送れば『そうだね』『そうだったんだ』としか返しようがありません。中には『だから何?』『どう返せば嬉しいの?』と、冷めた気持ちでLINEを見ている男性もいることでしょう。

    好きな人にLINEを送るときは、そのような"相手を困らせてしまうような内容"は避けた方が無難です。

    自己紹介のしすぎはNG


    好きな人にLINEを送るときは、自己紹介をしすぎないようにしましょう。好きな人には自分のことをたくさん知って欲しいと思うものです。しかし、聞かれてもいないのに自分のことを長々と語り始めたらどうでしょうか。

    初めこそ楽しく聞いて反応を示してくれるかもしれませんが、だらだらと続いていく自己紹介に次第にうんざりしてしまうことでしょう。

    また、好きな人に質問をしておいて興味を示さなかったり、「私はね〜、」と自分の話にすり替えてしまったりするのもNGです。自分のことばかり話すのではなく、相手の話にも耳を傾けるようにしましょう。

    しつこくLINEを送らない


    好きな人とLINEのやりとりをするときは、しつこくLINEを送らないようにしましょう。社会人にもなると、仕事の関係で返信が遅くなってしまうこともあります。多忙な時期にはLINEを確認できないほど疲れていることだってあるでしょう。

    そんなとき「なんで返信してくれないの?」などと、相手を責め立てるようなLINEを送ってしまうと、あなたの好感度は下がる一方です。LINEの返信が来ない理由は人それぞれなので、最低でも2〜3日は間を空けるようにしてくださいね。

    返信がなかったことに対して特に触れず、翌日にまた新しい話題をLINEするのもNGです。気遣いのできない人だと思われてしまうことでしょう。

    LINEを送る頻度


    LINEのやりとりでは、送る頻度も重要なポイントとなることでしょう。中には頻繁にメッセージをやりとりすることを億劫に感じる人もいます。テンポよく返信をされると次第に鬱陶しくなり、やりとり自体が面倒になって既読スルーしてしまうこともあるのです。

    何度も紹介したように、LINEはチャット感覚でメッセージを送り合えるアプリなので、そのとき思ったことを打ち込んで送信してしまいがちです。そのため、後から見返したときに内容が理解できなかったり、返信に困るようなメッセージを送っていたりすることもあるでしょう。

    相手から確実に返信をもらえるようにするには、LINEを送る頻度を早めるよりも「その内容は本当に伝えるべきなのか」を見極めると良いですよ。

    LINEにこだわらない


    コミュニケーションを取るためにも、好きな人とLINEのやりとりをすることはもちろん重要です。しかし、コミュニケーションを図るアイテムはLINEだけに限りませんよね!

    自宅に帰ってから寝るまでの間ずっとLINEのやりとりをしているのであれば、電話をかけてみるのもおすすめです。特にお酒を飲んだときや寝る前などは普段の声と少し違って聞こえるので、電話越しに相手をドキドキさせられることでしょう。

    また、毎日のLINEの合間に電話を挟むことによって、気分転換にもなりますよね。LINEに飽きることもありませんし、好きな人の声も聞けるし、良いこと尽くめですよ。