不倫のすべてを大公開!バレない不倫のコツと注意すべきリスクとは?

  • バレない不倫のコツ&テクニック

    不倫をしてもバレることなんてないだろうと思ってはいけません。何がきっかけでバレるかわからないですし、不倫がバレたらその代償は大きいですよ。不倫をする時は絶対にバレないようにしたいですね。ここではバレない不倫のコツ&テクニックをご紹介します。

    連絡はフリーメールを利用する


    連絡を取るときはGmailのようなフリーメールを使うと不倫がバレにくいです。スマホの画面をロックしていても、着信があると画面上に名前や電話番号が表示されます。パートナーがふとした瞬間にそれを見てしまうこともあるでしょう。

    LINEやキャリアメールも、着信と同じように表示されることがあります。LINEの場合は送り主だけでなく文章の一部が表示されることがあるのでさらに危険です。一方フリーメールならそのようなリスクを避けることができるため、不倫相手との連絡に使われています。

    SNSに過去の画像をアップしてアリバイ工作


    インスタグラムやTwitter、FacebookといったSNSが不倫のアリバイ作りに役立ちます。不倫相手とのデートの日に、前もって準備しておいた写真をアップして別の行動をとっていたように見せます。

    あえてSNSに写真をアップしなくてもいいのでは?と思うかもしれませんね。しかしインスタグラムなら写真の位置情報から、その日いた場所を誤魔化して不倫がバレないようにできます。

    SNSをやっていない人でも写真をアリバイ工作に使えますよ。以前撮っておいた会社仲間や友人との写真を、不倫相手と会っている時にパートナーにメールやLINEで送るという方法です。使った写真の服装と当日の服装が違うと怪しまれるので注意してくださいね。

    LINEは読んだらすぐに消去


    LINEは便利ですが、実は不倫がバレるキッカケになりやすいものです。パートナーがスマホのパスワードを知っていれば、あなたがお風呂に入っている時や寝ている間に見られてしまうかもしれません。

    不倫がバレるだけでなく、LINEのやり取りを写真に撮られたら証拠として残ってしまいます。芸能人の不倫報道でも、LINEのやり取りが出てくることがありますよね。それだけ不倫相手とのLINEのやり取りは要注意です。

    LINEを使って連絡を取る場合は、読んだらすぐに消去するようにしましょう。もちろん自分が送信した後も消去です。そうすれば万が一パートナーがLINEを開いても不倫相手と連絡していることがバレるリスクが低くなります。

    バレないための約束を不倫相手と決めておく


    不倫がバレないようにするには、不倫相手を約束事を決めておくのがいいですよ。家にいる時に電話がかかってきて、話を聞かれないように別室に行ったら不倫を疑われます。夜中にメールやLINEが届いたら、「誰から?」と怪しまれてしまいますね。

    そうならないように、「〇時以降はメールやLINEを送らない」「連絡は電話ではなくメールにする」などお互いに約束事を決めておきましょう。

    不倫相手とのデートは遠出をする


    不倫相手とのデートは、パートナーはもちろんのこと絶対に知り合いに見られてはいけません。夜のデートならバーやホテル、相手が独身で1人暮らしなら相手の部屋で会うという方法があります。

    しかしたまには昼間のデートを楽しみたいと思う人もいるでしょう。そのため不倫デートは遠出をするといいですよ。ドライブを楽しみながら、遠出して不倫デートを楽しむ人も多いようです。

    移動が電車なら、待ち合わせは駅ではなく現地にしたり、同じ電車に乗って別々に座るといいでしょう。一緒に電車に乗ったら、バレないように遠出する意味がなくなってしまいますから。

    家事や仕事をいつも通りにこなす


    不倫をすると、不倫相手との時間を作ることになるため普段通りの家事や仕事の時間を削ることもあるでしょう。しかし不倫に時間を割いても、家事や仕事はいつも通りにこなすようにしてください。

    「最近夕飯に総菜が多い」「前よりも掃除が行き届いていない」という思いが、「昼間なにをしているんだろう?もしかして…」という疑惑になりかねません。専業主婦が昼間不倫をしていて家事がおろそかになると、夫に疑われるきっかけになるのです。

    経営者や自営業の人も時間の調整をしやすいとお伝えしました。それでも仕事がおろそかになっては、周囲の人に疑われてしまいます。時間の調整をして不倫をしても、「いつも通り」を装って家事や仕事のクオリティは下げないようにしてください。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)