不倫のすべてを大公開!バレない不倫のコツと注意すべきリスクとは?

  • 不倫しやすい人の特徴

    不倫をする人もいれば、生涯不倫や浮気とは無縁の人もいます。それでは不倫しやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。

    パートナーとうまくいっていない


    パートナーとの関係がうまくいっていない人は不倫しやすくなります。共働きで時間のすれ違いがある、夫の残業や休日出勤が多くて寂しい、セックスレスという感じですね。

    性格の不一致で喧嘩が増えたり、自宅に自分の居場所がなくて居心地が悪いという人も、不倫しやすい人の特徴です。パートナーとの関係がうまくいっていないから、不倫相手に愛情や癒しを求めたり、寂しさを埋めようとするのです。

    仕事で異性と関わる機会が多い


    仕事で異性と関わる機会が多いという人は不倫やすい環境におかれていると言えます。既婚者であっても、仕事で関わるうちに恋愛感情を抱くということがあるからです。

    仕事で関わる異性に対して、パートナーとは違う一面を出すことできる人もいるでしょう。家庭の不満を言っているうちに、親密な関係になるということも。同性ばかりの職場よりも、やはり異性と日常的にかかわる仕事の方が不倫相手との出会いが多いですね。

    時間に余裕がある・調整しやすい


    不倫は時間に余裕がないとできません。不倫相手と会えば食事をしたり話をしたりするだけでなく、たいていの場合はセックスをするからです。

    毎日残業続きの会社員や、もともと出張が多い人ではなかなか不倫をする時間が作れないでしょう。経営者や自営業、残業の少ない会社員、専業主婦は時間に余裕があったり自分で調整して時間を作ることができます。

    もちろん上にあげた人達がみんな時間に余裕があったり不倫しているわけではありません。しかし、時間に余裕がある人が不倫をしやすいという特徴はあるのです。

    もともとモテていた


    結婚前からもともとモテていたという人は不倫をしやすいと言えます。異性からチヤホヤされていた人が、結婚したからといってモテなくなるわけではありませんよね。結婚してもモテ続けることで、パートナー以外の人と関係をもつようになるのです。

    また、モテていた人が結婚して生活が落ち着き、恋愛の刺激がなくなることに不満を抱くこともあるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)