「結婚できるブス」の特徴はコレ!結婚できない人との違いも解説

自分はブスだから…と結婚を諦めてしまってはいませんか?結婚を考えたとき、ブスであるかどうかは大した問題ではありません。今回は、容姿に自信がなくても結婚できる女性の特徴やその方法、結婚できない人との違いなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくだいね!

  • 目指すのは結婚できるブス

    顔にはあまり自信がないけど、結婚することはできるの…?そんな悩みを持つ女性は少なくないでしょう。また、街を歩いていてすれ違った夫婦を見て、「あんなにブスなのに結婚できたんだ…」などとこっそり思ってしまったことはありませんか?もちろん人間は顔がすべてではありませんが、そう言われても、自分の顔のことで悩んでいる女性にはきれいごとに聞こえてしまいますよね。

    しかし、たとえ自分はブスだと悩んでいる女性でも、結婚することはできるんです。ブスだから結婚できないという事は決してないので、諦めてはいけません。この記事では、どうしたら容姿に自信がなくても結婚できるのか、結婚できない人との違いは何なのか、などを紹介していきます。
  • 結婚できるブスの特徴

    「結婚できるブス」には共通点があります。容姿に自信がなくても結婚できる人の特徴を見ていきましょう。

    謙虚な性格


    「結婚できるブス」は、たいてい謙虚な性格で、相手に対して上から目線になることはほとんどありません。そんな謙虚な女性に惹かれる男性は少なくないでしょう。

    今は家庭の中でも社会でも女性が強くなってきている時代ではありますが、謙虚な女性を好む男性はまだまだ多いはず。自信のない容姿をカバーできるだけの謙虚さがあれば、結婚への道も開けてくるかもしれません。

    相手に尽くす


    結婚相手を選ぶとき、パートナーに尽くすことができる女性かどうかを見極めている男性も多いでしょう。長い結婚生活ではいろいろなことが起こります。夫が一生懸命妻に尽くしても、妻が「私を幸せにして」と女王のようにふんぞり返っていたら、難局を切り抜けられないかもしれません。

    特に今は共働きの家庭が多いので、お互いに相手に尽くそうという気持ちがないと、生活がうまく回らなくなる可能性もあります。そして、結婚相手だけではなく、子供が生まれた後は子供に尽くさなければならないこともありますよね。

    なので、自分のことだけでなく、相手のことを考えられる女性であれば、容姿に関係なく結婚相手に選ばれる可能性があると言えるでしょう。

    家事ができる


    結婚するまでは、ただ恋愛をしているだけで十分楽しいかもしれませんが、結婚後はそうはいきません。生活を共にするということなので、家事が何もできない美人よりも、容姿はさておき家事ができる女性のほうが男性に選ばれやすいでしょう。

    一昔前と違って家事を分担する家庭は多いですが、それでも家事ができる女性のほうがありがたいというのが男性の本音ではないでしょうか。「男性の心をつかむにはまずは胃袋から」という言葉もあるように、料理などが得意だと結婚する上で大きなメリットになるでしょう。

    以上のことから、自分をブスだと思っていても結婚できる女性は、家事がしっかりできる人が多いようです。

    母性がある


    容姿がイマイチでも結婚できる女性は、母性があるのも特徴の1つでしょう。

    母性というものは、はっきりと形になって現れるものではないかもしれませんが、男性は女性の会話や仕草、態度などから「母性があるな」と感じとっているようです。母性がある女性の前だと男性は安心することができるため、一緒に家庭を築いていきたいと思うのでしょう。

    結婚して子供ができたときにも、母性がある女性のほうが良いのは当然ですよね。子供ができた後からでも母性は育まれていくでしょうが、子どもを望む男性にとっては、もともと母性が強い女性のほうが結婚相手として安心できるでしょう。

    清潔感がある


    容姿がイマイチで清潔感のない女性には、ほとんどの男性は惹かれません。また、いくら美人でも不潔な女性であれば、結婚相手には選びたくないというのが男性の心理でしょう。

    「結婚できるブス」には清潔感があります。顔は持って生まれたものなのでどうすることも出来ませんが、髪や洋服を清潔にしたり、綺麗に見せようと化粧を工夫したりするのは、努力次第で何とでもなりますよね。

    自分をブスだと思っていても綺麗に見せるための努力をしている女性は、男性には好印象です。ファッションに気を使ったり化粧をすることは、最低限の身だしなみだと考えましょう。