「人生詰んだ」と感じた瞬間|やるべきことや読んでおきたい本まとめ

生きていれば、時には「人生詰んだ…」と絶望することもあるはず。そんな時でも悲観せず、今の状況を好転させるための行動をとりましょう。この記事では「人生詰んだ」と感じる原因や、その対処法について解説しています。人生をやり直すための参考として、ぜひご覧ください。

  • 人生詰んだわ…どうすればいい?

    「仕事がうまくいかない」「多額の借金を負って首が回らなくなった」など、人生に悲観して絶望している人も意外と多いのでは?

    どんなに恵まれた環境と才能を持って生まれた人であっても、生きていれば必ず困難に直面するものですし、時には「人生詰んだ」と感じるでしょう。

    だからと言って、人生を諦めてしまうのはいけません。困難を乗り越えることができれば、きっとより良い人生が待っているはずです。

    この記事では、「人生詰んだ」と感じたときの対処法について解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

    そもそも「人生詰んだ」とは?


    若い人の間では最近よく「人生詰んだ」というフレーズが使われています。しかし、意味がよくわからないまま何となく雰囲気で使っている人もいるはず。

    ここではまず、このフレーズの意味について確認しておきましょう。「人生詰んだ」とは、現状を改善するための手立てや打開策が全くなく、大きな挫折感や絶望に襲われている状態のこと。

    つまり、「自分の人生はこれで完全に終わりだ」と感じたときに使うフレーズなのです。

    「人生詰んだ」の由来は将棋


    「詰んだ」という言葉は「終わった」「他に道がない」といった意味で広く使われるようになっていますが、もともとは将棋用語であることをご存知でしたか?

    将棋では、完全に逃げ道がふさがれて対局相手に敗北することが確定した状態のことを、「詰み」と表現します。

    どうやっても勝算が見いだせない絶望的な状態であることから、「詰み」がネガティブな言葉として広まり、「人生詰んだ」というフレーズで使われるようになったのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)