子供が嫌いじゃダメ?子供嫌いな人の心理や原因・克服法を詳しく紹介

子供が好きな人も多いですが、一方で子供が嫌いという人も少なからずいます。好きな人からしてみれば、「なんで嫌いなの?」と嫌いな人の心理や原因が気になるところでしょう。そこで今回は、子供嫌いな人の心理や原因、子供嫌いを克服する方法などをご紹介します。

  • 子供が嫌いなのっていけないことなの…?

    子供が好きな人もいるように、嫌いな人も少なからずいます。これは、人それぞれの好みの問題ですので、子供嫌いがいけないというわけではありません。ですが、子供が嫌いなのを打ち明けると、なぜか周囲の人にあまり良い印象を持たれないのが現状です。

    そのため、「子供が嫌いなのはいけないことなの…?」と肩身の狭い思いをしている人も多いのではないでしょうか。では、そもそもなぜ嫌いなったのか、理由や原因をご紹介していきます。また、子供嫌いを治したいという人に向けて、克服法もあわせてご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。
  • 子供嫌いな人の心理&理由

    子供好きな人からすれば、「なんで嫌いなの?」と疑問に思ってしまうのではないでしょうか?ですが、そうなったのには、子供好きにはなかなか理解できない様々な理由があります。では、子供嫌いな人の心理や理由をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

    接するのに慣れてないから


    これまでの人生の中で、子供と接する機会がほとんどなかったせいで、そもそも子供と接することに慣れていないという人も少なくありません。

    相手が子供と大人とでは、接し方も大きく変わってきますよね。大人なら通じる話でも、子供には全く通じなくて戸惑ってしまったり、どのような言葉遣いで話せば良いのか分からなかったり…。

    また、急に泣き始めたり、騒ぎ出したりと、大人ならしないような想定外の行動をとられることもあるでしょう。ですから、子供と接することに慣れていない人の場合は、子供の言動に戸惑うことも多く、それが原因で苦手意識が芽生えてしまうのです。

    一緒にいると疲れるから


    子供は自分の感情に素直で、突然泣き始めることもあったり、時には突拍子のない行動をとることもあります。そのため、子供と一緒にいると子供のペースに合わせるので精いっぱいで、心身共に疲れてしまうでしょう。

    特に落ち着いて過ごしたい、自分のペースを乱されるのが嫌という人からしてみれば、一緒にいて疲れる存在の子供に対して、苦手意識を持ってしまうのは仕方ないことかもしれませんね。

    子供の大変さを分かっているから


    子供は非常に手がかかるもので、特に乳児の場合は、数時間置きにミルクを飲ませたり、オムツを替えたり、泣いた時は抱っこしてあやしてあげたりと、十分に寝る時間もないほど育児に追われる毎日です。

    また、少し大きくなっても、ご飯を作って食べさせたり、一緒に遊びに行ったり、お風呂に入らせたりと、とにかく子供に付きっきりで一人の時間を確保するのが難しいでしょう。しかも、成人させるまでに数千万円ものお金がかかると言われていますよね。

    そのため、子供を産むことで、精神的にも金銭的にも大きな負担がかかってしまい、自分の自由を奪われると考えてしまう人もいます。自由を奪われたくない、育児で大変な思いをしたくないという人は、こういった理由で子供嫌いになってしまうのかもしれません。

    騒がしいから


    大人なら、周囲の人の迷惑を考えますから、時間帯や場所も考えずに騒ぐようなことはしませんよね。ですが、子供の場合は、家の外で大きな声を出して遊んでいたり、スーパーで親に欲しいものを買ってもらえなくて泣きわめいていたりと、自分の感情に素直で騒ぎたい時に騒いでしまいます。

    子供好きの人からしてみれば、その元気な姿が微笑ましくも感じるでしょう。しかし、嫌いな人からしてみれば、相手が子供だろうと、騒音をまき散らされると非常に迷惑に感じてしまうのです。

    子供が汚く感じる


    子供は、よだれや鼻水を垂らしていたり、食事の時に飲み物や食べ物をこぼしたり、外で遊んで泥まみれになって帰ってくることが多いですよね。

    時には、汚れている手で大切な洋服に触れられてしまうこともあるでしょう。これが大人であれば、単純に「汚い!」と思ってしまいますが、「子供なら仕方ない」と許せてしまう人が多いのではないでしょうか?

    ですが、特に綺麗好きや潔癖症の人は、汚い手で触られたりすることには強い苦痛を感じてしまうものなのです。そういった人からしてみれば、子供は汚いものだという印象が強く残り、それが原因で嫌悪感を抱くようになるのです。

    子供に好かれないから


    このような性格になったのは、子供に好かれないからという理由もあります。例えば、子供を抱っこした時に自分の時だけ泣かれてしまった、他の人には懐くのに自分にだけ懐いてくれないなど…。

    人間は、自分に好意を抱いてくれない人に対しては、同じように好意を抱けないという心理が働きやすいです。そのため、自分は子供に好かれないということを自覚すると、全ての子供に対して好意を抱けなくなってしまうのです。