キスマークをつける男女の心理とは?場所別の意味や消し方も紹介

恋人にキスマークをつけられた経験のある人は、たくさんいるでしょう。彼氏がなぜキスマークをつけたがるのか、疑問に思ったことはありませんか?今回は、キスマークをつける心理を中心に、つける場所の意味なども深掘りしてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

  • キスマークをつける男女の心理が知りたい!

    恋人にキスマークをつけられた経験、あなたにはありますか?彼氏に頻繁にキスマークをつけられて、「どうしてこんなにつけたがるんだろう?」と疑問に感じたことのある女性も多いでしょう。

    今回は、そんなキスマークについて考察していきます。キスマークをつける男女の心理を始め、キスマークを場所の意味や、付け方のコツなどもご紹介していますので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

    そもそも「キスマーク」とは?


    キスマークと聞くと、「ワイシャツなどについた口紅の跡」を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。それもたしかに正解なのですが、恋人同士のキスマークはちょっと違います。

    今回の記事で掘り下げていくのは、相手の身体に吸い付いてつける、恋人特有のキスマークです。口紅の跡であればベンジンなどを用いればすぐに消すことが可能ですが、身体に吸い付いてつけるキスマークの場合、すぐに消すことは不可能です。

    刺激による内出血


    では、なぜキスマークはすぐに消えないのでしょうか?それは地肌の外側から、唇で強く吸い付き刺激を与え、内出血を起こさせるからです。いってみればキスマークは、軽い”傷”のようなものなのですね。

    肌に吸い付くことで皮膚内の毛細血管に傷がつき、内出血を起こすため、外側から見たときに赤黒く見えてしまうのです。

    つきにくい人・痛みを感じる人も


    吸い付けばできると思いがちなキスマークですが、つきやすさには個人差があります。すぐに跡がつく人もいれば、肌が丈夫でつきにくい人もいます。また敏感肌の人の中には、キスマークをつけられる時に痛みを感じる人も少なくありません。