夫が拒否でセックスレスに…その原因&理由から解決法まで一挙紹介!

現在の日本ではセックスレスの問題を抱えている夫婦は珍しくありません。性に関する悩みは、簡単に人に話せることではないため、自分一人で辛い気持ちを抱えている女性も多くいることでしょう。今回は同じ悩みを抱える夫婦の本音や、セックスレス解消法についてご紹介していきます。

  • 夫が拒否でセックスレスに!原因や解消法とは?

    セックスレスにこれといった定義はありませんが、月に1回以上の性行為がない場合はセックスレスだと捉える方が多いようです。そんなセックスレスの悩みを抱える夫婦は、日本人夫婦の中の半数以上だとも言われています。

    その中でも、夫が拒否をしてセックスレスになった場合は要注意。長期化すると夫婦の関係性まで壊れてしまう可能性もあるので、しっかりとした対処が必要となるでしょう。

    今回は、そんな夫側の拒否から始まるセックスレスの原因や解消法について解説していきます。

    多くの夫婦は妻の拒否でセックスレスに


    セックスレスと聞くと、妻の拒否が原因で陥る場合が多いイメージがあるのではないでしょうか?どちらかと言えば、男性の方が性欲が強いという印象がありますよね。

    家事や育児に追われて夫に構っている暇がない。子どもを生んでから性欲がなくなった…などはよく聞かれる話です。「長年連れ添った夫とは、キスをするのも嫌だ」というほど、夫に対して嫌悪感を感じている人が多いのも事実。

    妻が拒否をしてセックスレスに陥った場合、夫は性欲を発散できる場所がないので不倫に走ってしまうことも。その結果離婚にまで発展しまうケースも多くあるでしょう。

    夫が拒否でセックスレスになる夫婦は多い?


    多くの夫婦の場合、妻の拒否でセックスレスに陥ります。ですが、夫側の拒否でセックスレスに陥っている夫婦も少なくありません。

    「毎日仕事で体力を使っているから」「妻のことを女として見られなくなった」などという話しもよく耳にしますよね。特に日本人の女性は、セックスに対しては受け身になりがち。積極的に自分から「したい」と言えずに、不安を抱えている人も多いでしょう。

    女性が拒否をされたことによるセックスレスは、簡単に人に相談できる問題ではないので、夫の拒否からのセックスレスに関しては、世間に露呈していない部分も多いのかもしれません。

    夫が拒否の場合は罪悪感を感じやすい?


    基本的には、男性がセックスに誘って女性がそれを受け入れる。性に対しては、そのようなイメージが強いのではないでしょうか?そのため、妻が望んだにも関わらず夫が拒否をした場合、悪者扱いされることも多くあるのです。

    なぜそのようなイメージが強くあるのかというと、男性が勃起をしないとセックスできないからです。つまり、満足のいくセックスができるかどうかは、男性次第ということになりますね。

    そのため、夫の拒否でセックスレスに陥った場合は、夫側が罪悪感を感じやすい傾向にあります。しようと思っても自分の意思ではどうにもならないことが多いので、「申し訳ない」という気持ちになるのでしょう。

    女性にも性欲はある!


    いくら女性は受け身だからといって、性欲がないわけではありません。妻であっても、母親であっても「セックスしたい」と思うことは当然です。また、女性は歳を重ねるにつれて性欲が強くなっていくとも言われています。

    反対に、男性は歳を重ねれば重ねるほど、性欲は減退していく傾向にあるのです。そうなると、夫の拒否でセックスレスに陥る夫婦が多いのも、納得がいきますね。