「愛してる」の意味って?好きとの違いや男性の心理を徹底解説!

「愛してる」と男性が口にするときはどんな気持ちで言っているのでしょうか。今回は「愛してる」という言葉の意味や、「好き」との違いのほか、「愛してる」と言うときの男性の本音などについてお伝えしていきます。「愛してる」という言葉に興味がある方はぜひご一読くださいね!

  • 「愛してる」ってどういうこと?好きとどう違うの?

    「愛してる」と「好き」という言葉は、同じような意味の言葉に見えます。しかしこの二つには似ているようで違う意味もあるようです。

    「愛している」と「好き」では、何がどう違うのでしょうか。ここでは二つの言葉の意味の違いをお伝えしていきます。

    「愛してる」の意味


    「愛している」という言葉は、何かに対して愛を注ぐという意味です。特定の人や物に対して、深い愛情や強い興味を感じているときに使用します。男女間で使われるときには、「好き」よりも深く重い印象がある言葉です。

    両方とも相手に好意を表す言葉ですが、「愛してる」と言い合える関係は「好き」と言い合う関係よりも、お互いのことを良く知っている関係と言えるでしょう。

    「好き」の意味


    「好き」という言葉は、何かを好ましく思っているときに使う言葉です。先ほどご紹介した「愛してる」よりも比較的軽い意味を持ち、ちょっとした好意を持っている場合にも使用できます。

    男女間に限らず、友人関係でも使用できる気軽さがあるため、「愛してる」よりも日常会話で耳にする機会が多いです。
  • 「愛してる」と「好き」の違いとは?

    「愛してる」と「好き」は同じ好意の感情を指しますが、微妙にニュアンスが違っています。

    どのように違うのでしょうか。ここでは二つの言葉のニュアンスの違いについて詳しくお伝えしていきます。

    気持ちの方向性


    「愛してる」と「好き」では、大きく見れば好ましく思っている、という方向性は同じです。しかし「愛してる」という言葉は、より重くより深く響きます。

    「好き」も同じ好意を表す言葉ですが、友達関係であっても使用できるなど、よりライトな感じで使うことが可能です。方向性がより深く重いのが「愛してる」、軽くて広いのが「好き」と言って良いでしょう。

    生じる時間の違い


    「愛してる」という気持ちになるには、「好き」になるよりも多くの時間が必要です。「好き」は初めて会った相手にも感じられる感情ですが、「愛してる」は関係性が深くならないと得られない感情でしょう。

    つまり「好き」はすぐにでも出てくるインスタントな面がある感情、「愛してる」はじっくり時間をかけて形作られる感情ということです。

    「好き」の方が幅広い


    「好き」という言葉は、人間関係以外のあらゆるものにも使用できます。「好き」という意味も幅広く、「なんとなく好き」という軽いものから「〇〇だから好き」という理由のある好きなど、様々なジャンルの好きが存在するのです。

    「愛してる」も好意を表す言葉なので、同じカテゴリーに分類されますが、大きいカテゴリーを「好き」としたら、「愛してる」はその「好き」のカテゴリーの中の一部分といった解釈もできます。

    「愛してる」はより深い


    「愛してる」という言葉は、「好き」と同じく相手や対象に対して好意を伝える言葉です。しかし「好き」という言葉が気軽に使えるのに対して、「愛してる」という言葉は、あまりおいそれと使うことはありません。

    「愛してる」という言葉は、愛情の濃度が「好き」よりも高いイメージがあります。濃度の高い感情は簡単に作られるものではないので、「好き」よりもより深い言葉であると言えるでしょう。

    簡単に言えるか言えないか


    相手に対する好意が「好き」なのか「愛してる」なのか区別がつかないと思ったら、簡単に好意を伝えられるかどうかを考えてみるというのも一つの方法です。先ほどもご紹介したように、愛してるという言葉は感情の濃度が高く、簡単に相手に伝えられない傾向があるからです。

    簡単に好意を伝えられるようなら「好き」、好きだけど素直に気持ちを伝えられないという場合は「愛してる」の可能性があります。

    嫌な面を受け入れられるか


    「愛してる」という言葉には、相手のすべてを受け入れるという意味もあります。対して「好き」という言葉には、嫌なところまでは受け入れられないという意味が含まれています。

    相手の嫌な面を受け入れたうえで好きだと思えるなら、それは「愛してる」という感情でしょう。嫌な面を受け入れるのは難しいけれど、適度な距離を持っていれば「好き」でいられるという場合は、「好き」という感情であると推測できます。