キスマークの消し方・隠し方16選!できる仕組みや早く消す方法とは

愛情表現の一種としてキスマークをつける人もいますよね。しかし、目立つ場所についてしまったとき、どのように消したらいいのかわからないと焦ってしまいがち…。この記事では、キスマークの消し方・隠し方を徹底解説!キスマークのことで困っている人は必見です。

  • キスマークが早く無くなる消し方が知りたい!

    恋人同士で愛し合っていると、愛情表現の一種としてキスマークを付ける人もいますよね。しかし、盛り上がって付けてしまったものの、目立つ場所だと他の人にばれてしまうかもしれません。そういうときに対処法を知らないと、どうしたらよいのかと焦ってしまいがち…。

    この記事では、キスマークが早く無くなる消し方や隠し方をご紹介します。キスマークの消し方や隠し方にはどのようなものがあるのでしょうか?たくさん対処法を知っておけば、その場に合った処置をすることが可能になります。ぜひ覚えておきましょう。

    そもそもキスマークはなぜできる?


    そもそもキスマークはなぜできるのでしょうか?キスマークは、別名「吸引性皮下出血」といい、いわゆる「あざ」や「内出血」と同じものです。付け方としては、相手の肌にキスしたときに吸い付くだけ。それで内出血を起こして、しるしを付けるわけです。

    つまり、軽くキスしたくらいではキスマークは付きません。相手の肌に吸い付いて初めてキスマークが付くのです。だいたい首筋や二の腕あたりに付けることが多いでしょう。

    キスマークの消えやすさには個人差がある


    キスマークが消えるまでの日数は、だいたい1日から1週間程度と言われています。何故こんなにも日数に差があるのかというと、キスマークの消えやすさには個人差があるからです。キスマークを付けられた人の体質や内出血の重症度など、日数に差が出る要因は色々あります。

    普段から内出血やあざがすぐに治りやすい人は、キスマークも早く消える可能性が高いです。また、吸引力が強すぎた場合、付け方によっては10日以上経っても消えないこともありえるでしょう。あざなどが治りやすい人でも、そのときの状況によって消えにくくなることもあるので注意が必要です。

    キスマークが見つかるとどうなる?


    キスマークが目立つ場所に付いていると、他の人に見つかってしまうことも…。他の人にキスマークが見つかると、そのことについていじられてしまう可能性が高いです。また、中にはキスマークを不快に感じる人もいます。

    見つかると恥ずかしいですし、なにより周囲の人に対するマナーとして、キスマークはなるべく目立たない場所に付けるのがよいでしょう。万が一目立つ場所に付いてしまったら、慌てずにこれからご紹介する消し方、隠し方を試してみてください。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)