バイセクシャル診断!男女それぞれの特徴や目覚めるきっかけも紹介

セクシャルマイノリティのひとつである「バイセクシャル」。性の多様性が認められつつある昨今、バイセクシャルという言葉を聞いたことがある人も多いのでは?しかし、バイセクシャルであることを周囲の人に言えず、一人で悩みを抱えている人も少なくありません。今回は、バイセクシャルについて考察していきます。

  • バイセクシャル診断に興味を持ったあなたへ

    この記事を読んでいるということは、「バイセクシャルって何だろう?」と興味があったり、「もしかすると自分はバイセクシャルかもしれない」と悩んでいるのではないでしょうか。

    今回は、男女それぞれの特徴や目覚めるきっかけなど、バイセクシャルについてご紹介していきます。

    そもそも「バイセクシャル」とは?


    「バイセクシャル」とは、性的指向が男性と女性の両方である人のことを指します。つまり、男性にも女性にもドキドキ感を覚えますし、手を繋ぎたい、キスをしたい、セックスをしたいといった感情が芽生えるのです。

    なお、自分がバイセクシャルであることを物心がついた時から認識している人もいれば、思春期に入ってから認識する人もいますし、大人になって初めて認識したなど、バイセクシャルだと認識する時期は人それぞれ異なります。

    「好き」の形は一つじゃない


    「好き」というのは、男性であれば女性、女性であれば男性に恋愛感情を抱くことだと思いがち。ですが、「好き」の形は一つではありません。ゲイやレズビアンの人なら「好き」という感情は同性に向きますし、バイセクシャルの人なら異性も同性にも「好き」という感情を抱きます。

    異性しか好きにならない人からすれば、同性を好きになることや、異性も同性も両方好きになれることに違和感を覚えるかもしれませんが、性のあり方というのは一人ひとり違うものなのです。

    バイセクシャルは診断できる?


    バイセクシュアルかどうかを診断できるのか、気になる人も多いでしょう。結論から言うと、「あなたはバイセクシャルである」と第三者に診断してもらうのは難しいかもしれません。

    バイセクシャルの人は異性も同性も両方好きになりますが、実際に誰を好きになるかは自分にしか分かりません。心と体の性が一致しないトランスジェンダーのように外見が関わることではないので、バイセクシャルかどうかは自分にしか判断できないと言ってもよさそうです。