垢抜けるための方法10選|垢抜けてない女性との違いもチェック!

  • 「垢抜けてる女性」と「垢抜けない女性」の違い

    「垢抜けてる女性」と「垢抜けない女性」、それぞれの特徴を探ってきました。両者の違いは、一体どんなところにあるのでしょうか?

    向上心があるかどうか


    自分を高め、女性としての魅力に磨きをかけていきたいという向上心があるかどうか。垢抜けている女性とそうでない女性との決定的な違いはここではないでしょうか。

    向上心があると、すべてを前向きに捉えることができます。自分を磨くことが楽しくて、毎日があっという間に過ぎ去っていくでしょう。

    向上心が低いと、やってみたいことがあっても行動に移すまでに時間がかかります。「今日も何もない1日だったな…」そんなもやもやを感じながら、毎日はなんとなく過ぎ去っていくでしょう。

    あなたなら、どちらを選びますか?

    自分に似合うものを知っているか


    先ほども触れましたが、自分の好きなものが、必ずしも似合うものであるとは限りません。

    垢抜けている女性は、似合うものを嗅ぎ分ける嗅覚に優れています。自分の体型や肌の色、髪質などから似合うファッション、ヘアメイクを導き出し、しっくりくるもので身を固めています。自分をより魅力的にみせてくれる心強い味方をたくさん知っているのです。

    一方で、いまいち垢抜けきれない女性は、似合うかどうかではなく、好きかどうかで身につけるものを選びます。それはそれで素敵なことですが、あくまで「垢抜け」という視点から見ると、本人の持つ体型や雰囲気とファッションやヘアメイクがチグハグになってしまう恐れもあります。

    行動→振り返りができているか


    自分に磨きをかけるには、一にも二にもまず行動。そして、行動の結果を振り返ることです。

    垢抜けている女性は、行動と振り返り、そして次の行動の繰り返しで磨かれていきます。誰でも、最初からおしゃれだったわけでも、メイクが上手だったわけでもありません。自分の外見や振る舞いがどうであるかを他人の目線から察知したり、信頼の置ける第三者にフィードバックをもらうことで検証を繰り返します。

    何事も、まず行動が大切ですが、やったらやりっぱなしでは成長にはつながりません。垢抜けない女性は、行動力が低いことはもちろんですが、何より振り返りができていない人が圧倒的に多いのです。

    内面に磨きをかけているか


    外見を美しく磨き上げることは、垢抜ける上でとても大切なことですが、それと同じぐらいに内面を充実させることに重きを置きましょう。

    垢抜けている女性は、外見と内面のバランスが取れています。洋服や化粧品ばかりにお金をかけるのではなく、本を読んだり、人と会話したり、旅行で新しい土地を訪れたりと内面磨きにも余念がありません。見た目が洗練されているだけでなく、会話も知的で情感が豊かなのです。

    ファッションや美容を頑張っているのに、なかなか自分に自信が持てるようにならないという女性は、内面を磨くことにも目を向けてみてください。外側ばかりに気を配っていても、垢抜けている素敵な女性にはなれませんよ。
  • 垢抜けるための方法10選!前編

    ここからはいよいよ、垢抜けるための実践的な方法をご紹介していきます。行動と振り返りで、素敵な女性を目指しましょう。

    メイクを研究する


    まず最初に取り掛かるべきは、メイクの研究です。今の自分のメイクが、果たして似合っているのか、流行遅れになっていないか、濃すぎず薄すぎず適切なバランスになっているのかを分析しましょう。

    自分の顔を客観的に見るのはとても難しいもの。ここは他人の目線を借りましょう。先ほども触れたように、コスメカウンターやメイクのレッスンなどのプロの力を借りるのもよし。身近にメイク上手な女性がいるなら、思い切ってアドバイスを求めてみるのもよしです。また、自身のパーソナルカラーを知っておくと、色選びで失敗することが少なくなりますよ。

    試行錯誤を繰り返し、似合うメイクを身につけていきましょう。

    試着しまくる


    自分に似合う服を知るために、とにかくたくさんの服を試着しましょう。色々なタイプの服を試すうちに、顔映りやスタイルがよく見える服の選び方がわかってくるでしょう。

    トップスは生地がしっかりしたものが似合う、スキニーよりもがワイドパンツのほうがしっくりくる、鎖骨を出すと顔が明るく見えるといった、自分だけの傾向がだんだんつかめてくるはず。自分では思ってもみなかった服が意外と似合う、なんてこともあるので、これまで足を運ばなかったタイプのお店やブランドにも、思い切って挑戦してみてください。

    少しでも気になった服は、とりあえず試着してみることを習慣化しましょう。自分の新たな魅力が引き出されるはずです。

    人にアドバイスを求める


    ファッションやメイクで迷った際に客観的な視点を取り入れることができるので、身近に心強いアドバイザーを作っておくことをおすすめします。忌憚のない意見を言ってくれるセンスの良い友人がいれば最高ですが、なかなか身近に相談できる人がいないならば、ショッピングがてらプロの販売員にアドバイスを求めてみましょう。

    洋服の知識やトレンドの傾向、体型やカラーの似合わせなど、普段から研究を重ねているプロだからこそ、垢抜けて見える素敵な提案をしてくれるはず。「販売員って、売ることが目的でしょ?」などと身構えすぎず、思い切って知恵を拝借してしまいましょう。

    先端のケアをする


    服装もヘアメイクも、いつもキレイに決まっていれば言うことなしですが、忙しかったり体調が悪かったりして、頑張れない日もありますよね。そんなイマイチな日でも最低限の洗練度を保つ方法が「先端をキレイにしておくこと」です。

    例えば、メイクが薄い日でもまつ毛エクステで目元のメンテナンスができていれば、最低限のきちんと感をキープすることができます。朝時間がなくて、味気ないコーディネートになったとしても、ネイルが綺麗に仕上がっていれば、なんとなくおしゃれに見えてしまうもの。また、ヘアアレンジの時間がなくても、ささっと毛先を巻いておけばキレイな髪に見えます。

    時間がない時は、先端だけは頑張ることを心がけてみてください。

    着飾って出かける場所に足を運ぶ


    垢抜けた雰囲気を身につけるために、思いっきりおしゃれをして出かける機会をたくさん作ることもおすすめです。

    着飾って出かける場所と言えば、どこを思い浮かべますか?結婚式のお呼ばれ以外では、ドレッシーな服装をすることなんてない、という人も多いのではないでしょうか。ハイセンスなバーやレストランに食事に行く、結婚式以外のパーティーに参加してみる、おしゃれな人の集まるイベントに足を運ぶなど、着飾って出かける機会を積極的に作ってみてください。

    試行錯誤したコーディネートに身を包み、様々なシチュエーションを経験する中で、どんどんセンスが磨かれていくでしょう。