夫婦が寝室を別にするメリット&デメリット!別室にする理由も紹介

  • 夫婦の寝室を別にするデメリット

    基本的には、どんな物事にもメリットとデメリットがあると言われています。当然と言えばそうですが、夫婦の寝室を別にすることで、いくつかのデメリットも生じるのです。そこでこの項からは、デメリットに注目してきましょう。

    スキンシップが減りがち


    「寝室を別にしてからというものの、極端にスキンシップが減りました。あまりにも触れ合えていないせいか、私達って本当に夫婦なのかと疑っちゃいますね。」(31歳/女性/医療関係)

    やはり夫婦間におけるスキンシップは、減少しがちのようです。相手の寝室に行かなければ、なおさら減少する一方でしょう。

    「本来はもっと触れ合うものでは?」と、夫婦の関係性そのものに疑いの眼差しを向けてしまうのも納得できますね。

    話をする時間がない


    「生活リズムの違いから、夫婦の寝室を別にしました。これを機に夫婦の関係が今まで以上によくなるのではないかと思いきや、妻と話をする時間さえなくなったんです。」(26歳/男性/消防士)

    生活リズムの違いが原因で寝室を別にした夫婦の場合は、話をする時間がさらになくなることも。話す時間がないと、どうしても夫婦の関係性が希薄化してしまいますよね。相手を想う気持ちも徐々に薄れて、離婚に繫がる可能性もあるでしょう。

    浮気の危険性が高まる


    「妻がすぐそばにいないので、容易に他の女性と連絡を取れるんですよね。もうね、その女性と今週末に会う約束までしちゃいましたよ。」(32歳/男性/会社員)

    寝室が別だと、浮気の危険性が高まるというデメリットが生じることも。LINEやメールだけではなく、防音機能を備えた部屋であれば通話も気兼ねなくできますからね。つまり、妻以外の女性と容易に連絡を取り合えるということです。

    その女性と2人きりのデートを重ねるうちに、互いが恋愛感情を持つこともあるでしょう。そうなれば、いずれは離婚の決定打すなわち浮気に繫がる可能性も。

    相手の体調が急変した時に気付けない


    「就寝時の夫がどんな様子なのか、と考えても見当がつきません。だって、すぐ隣にいないんですもの。」(33歳/女性/アパレル)

    急に高熱が出たり、お腹が痛くなったりなど、体調が急変する時は昼夜を問いません。その時が深夜という場合も十分にあり得えます。

    相手は寝室が別ですので、当然ながら迅速に対応できないでしょう。体調が急変したことにさえ気付かない可能性も考えられるのです。