夫婦が寝室を別にするメリット&デメリット!別室にする理由も紹介

  • 夫婦の寝室を別にするメリット《続き》

    引き続き、夫婦の寝室を別にすることで生じるメリットについて見ていきましょう。メリットについてより深く知りたい方は、ぜひ読んでみてくださいね。

    安眠するための睡眠環境を整えられる


    「私と夫は、布団の質に対する好みが全く違うんですよね。夫がよいという布団の質はどうしても私に合わないので、寝室を別にすることに。早速行動に移してみると、とても快適な環境で眠れるようになりましたよ!」(30歳/女性/ネイリスト)

    個々によって、快適に安眠できる環境というのは異なります。夫婦間においても、相手と異なる部分があるというのは当然ですよね。

    寝具などを相手の好みに合わせていると、安眠できない可能性があるでしょう。寝室を別にすることで、安眠するための第一歩を踏み出せますよ。つまり、互いが安眠するための睡眠環境を自由に整えられるようになるということです。

    自分好みの寝室を作れる


    「元から、妻とはインテリアの好みに違いがありました。好みの違いで喧嘩しないように、結婚当初から夫婦の寝室は別にしているんです。自分好みのソファーやベッドを自由に設置できるので、双方ともに満足していますよ。」(31歳/男性/営業職)

    寝室においてもインテリアに対する好みの違いから、喧嘩になることもしばしば。喧嘩が起きる頻度を最小限に抑えたいがために、寝室を別にする夫婦もいます。

    そうすれば、アンティーク風の家具を設置する、あるいはアイドルのポスターを壁一面にはることなどが可能になるでしょう。つまり、相手の好みを気にすることなく、自分好みの寝室を自由に作れるということです。

    マンネリ化から脱出できる


    「いつも一緒のベットで寝る日々が続くと、全然ドキドキしなくなって。でも、寝室を別にしてみたら、何故か夫と顔を合わせる度に気持ちが高揚するようになりました。それに、2人で一緒に過ごせる時間をもっと大切にしようって思えるようにもなったんです。」(29歳/女性/保育士)

    人は同じ行動を繰り返すほど、慣れが生じる生き物です。毎晩のように相手と一緒に寝れば、必然的に慣れてしまいます。いずれはマンネリ化して、ドキドキしなくなる場合も。

    そこで夫婦の寝室を別にすることによって、マンネリ化から脱出できたという夫婦もいるのです。夫の寝室に入る頻度がたまにとなれば、ドキドキすること間違いなしでしょう。

    相手よりも自分を優先できる


    「妻とは室内の適温が違うので、頻繁にエアコンの設定温度で喧嘩していたんです。喧嘩続きの日々が続けば離婚に繫がりかねないので、双方一致の考えで寝室を別に。すると、寝室内における適温の違いが原因で喧嘩することは一切なくなりました。」(25歳/男性/美容師)

    相手よりも自分を優先しながら行動できるというメリットも生じます。このメリットは、当然ながらエアコンの設定温度に限ることではありません。

    ゲームに夢中になって夜更かししたり、挙げ句の果てにはオールさえできるのです。何をするにしても、相手に気を遣う必要は一切なくなるでしょう。