人生に「飽きた」と感じる原因って?人生に刺激を与える方法10選!

「人生に飽きた」方は必見です。せっかく与えられた限りある人生をつまらないと感じながら生きるのは勿体ないですよ。人生に飽きてしまうのか、人生を楽しみ尽くすのかを決めるのはあなた次第です。つまらない人生に刺激を与えるための方法もご紹介します。

  • なんだか…人生に飽きた気がする

    最近、同じことの繰り返しで、人生に飽きてしまったという方はいませんか?何か楽しみにしていることもなく、同じような毎日を繰り返している自分の人生は、これでいいのかと虚しくなることもありますよね。

    思い返してみると、学校に入学したばかりの頃、会社に入ったばかりの頃、彼氏ができたばかりの頃などは、こんな気持ちになったことは無かったのではないでしょうか?何かに慣れることは、飽きてしまうことと表裏一体の関係にあります。

    この先、いつ終わるかも分からない人生に飽きてしまうということは、空恐ろしいことです。どこかのタイミングで自分の人生を楽しむテクニックを身につけられるといいですね!
  • 「飽きた」と感じる原因と理由

    あなたはどんな瞬間に「人生に飽きた」と感じますか?誰かと話している時、一人になった時、または夜寝る前など、「飽きたと感じる瞬間」は日常のあちこちに隠れているかもしれませんね。

    ここでは人生に飽きたと感じる原因と理由について探ってみましょう。

    いつも同じで刺激がない


    新しい生活を始めたばかりの頃は、全てが初めて出会うことばかりでとても刺激的ですよね。しかし、生活に慣れて全てのパターンが決まってくると、一日の流れが大体予測できるようになってしまいます。

    いつもの時刻に家を出て、会社に着いたらパソコンを起動してメールチェック、のように一日の流れがルーティンになっている人もいるのではないでしょうか?

    トラブルのない毎日は平和な証拠なのですが、大きな失敗もなければ、大きな成功もない毎日だと刺激が感じられなくなってしまいます。たまに心臓がドキドキするようなイベントがあると、人生に飽きたと感じることは少なくなるでしょう。

    依存心が強い


    彼氏や友人に依存してしまう人も、人生に飽きたなと感じやすくなる傾向があります。本来人は自分の時間軸や感性の中で生きてこそ人生を謳歌できるものです。他人に依存しやすい人は、自分の時間軸や感性を他人に委ねてしまうことになります。

    例えば、彼氏がいないと何もできないと思い込んでしまうと、あなたの時間が間接的に彼氏に制限されることになってしまいます。人生に飽きたと思ったら、依存相手から少しの時間離れてみましょう。きっと自分の感覚を取り戻せますよ。

    面倒くさがり


    面倒くさがりな性格の人は人生に飽きたと感じやすくなる傾向があります。そもそも生きるというのは面倒くさいことの連続です。

    極端に考えてみれば、1日3回の食事だって面倒くさいことの一つの代表ではないでしょうか。でもその一方で、食をとことん楽しむ食道楽なんて言葉もあるのです。食事をただのカロリー摂取とみなすか、人生の楽しみの一つとみなすかで感じ方は全く変わってきます。

    物事を楽しむために自ら意識して行動することで、人生に飽きたと感じることは少なくなるでしょう。

    物事を自分で決めない


    生きている間には選択する機会が山程あります。どんな服を着るのか、何を食べるのか、進学するのか、就職するのか、結婚するのかなど、毎日のように人は何かを選択して決めています。

    特に将来のことを決めることは、とても難しいことです。時には自分の行路を他人に決めてもらいたくなることもあるでしょう。しかし、他人に決められた人生を心から楽しめる人はそう多くありません。

    どんな人にも自分の意志がありますよね。本心を隠して他人の期待や理想のために生きているなら、他人のために時間を使うことに飽きたと感じても仕方のないことです。