相性が悪い相手とは別れるべき?見分けるコツやうまくいく方法とは

  • 相性が悪いと感じる理由って?

    実際に相性が悪いと感じたことがある人もいれば、いまいち相性が悪いと感じる瞬間が分からないと思っている人もいるでしょう。そんな方のために、まずは相性が悪いと感じる理由について解説していきます。

    すでに相性の悪さが気になっている人だけでなく、これから恋愛をしたいと考えている人もぜひ参考にしてみてくださいね。

    一緒にいると疲れる


    「楽しみにしていたはずのデートなのに、一緒にいるだけで疲れてしまった」(23歳/女性/学生)

    好きな相手や相性の良い人であれば、どれだけ長い時間一緒にいても疲れることはありませんよね。むしろ、「もっと一緒にいたい」「時間が足りない」と感じてしまうことが多いです。その一方で、相性が悪いと一緒にいるだけでも疲れてしまいます。

    そして、デートが終わった後はドッと疲れが押し寄せてきて、「もう会いたくないかも…」と思ってしまう人も少なくありません。

    すぐにケンカになる


    「過去の恋人とはケンカしたことがないのに、今の彼氏とはデートの度にケンカしている」(31歳/女性/事務員)

    「ケンカをするほど仲がいい」と言いますが、実際にケンカが多いカップルのお付き合いは、あまり順調とは言えないのかもしれませんね。すぐに喧嘩に発展してしまうカップルは、第三者から見ると相性の悪さが大きく目立ちます。

    ケンカをしている時間は不毛で、相手との関係性を悪化させてしまうことも多いです。もしも、何気なく過ごしている日常でのケンカが多いのであれば、相性が悪いのかもしれません。

    食の好みが全くと言って良いほど違う


    「食の好みが合わず、毎回相手の好みに合わせているけれど、この先付き合っていけるかが不安」(21歳/女性/専門学生)

    相性の良いカップルを見てみると、食の好みが一致していることが多いな…と思いませんか?必ずしも好きな食べ物や嫌いな食べ物が一致している必要はありませんが、デート時にはスムーズに食事処を決められたり、手料理を振舞う際のストレスが軽減します。

    しかし、和食が好きで洋食が嫌いな人と和食が苦手で洋食が大好きな人のデートでは、どちらかが相手の好みに合わせる必要があります。その結果、我慢している側は「もしかすると、食だけでなく他の部分でも相性が悪いのかもしれない」と感じることがあります。

    セックスの時に息が合わない


    「初めてセックスした時、息が合わなくて疲れてしまった」(26歳/女性/販売員)

    相性の良い相手とのセックスは、何も言わずともお互い満足する形で終えることができます。逆に、相性の悪い相手とのセックスではどちらかが我慢しなければならないシチュエーションがあり、愛する人とのセックスのはずなのに、楽しめないことも多いです。

    体の交わりは付き合っていく上でとても重要なことなので、体の相性が悪いと感じる場合は、他の部分でも相性のズレが生じないように注意が必要かもしれません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)