「5本のバラ」の意味とは?本数ごとの意味や送る際の注意点も解説

  • 本数以外のバラに込められた意味《部位編》

    バラには本数以外にも意味が込められています。バラの部位によっても色々な意味があるのをご存知でしょうか?こちらではバラの部位別に込められた意味をご紹介していきます。

    バラの葉


    バラの葉には、「あきらめないで」「頑張って」「あなたは希望を持ち帰る」という意味があります。また、赤いバラの葉には、「無垢の美しさ」「あなたの幸運を祈る」という意味があります。

    応援したい人にバラを贈りたい時には、バラの葉のついたものを選んで贈るのもいいかもしれませんね。

    バラの枝


    バラの枝には「あなたの不快さが私を悩ませる」という意味があります。とてもネガティブな意味がありますが、バラの枝だけを贈るという機会はあまりないですから、そんなに気にしなくても良さそうです。

    バラのトゲ


    バラのトゲには「不幸中の幸い」という意味があります。不幸な出来事が起きてもその中でいくらか良い面があった場合や、最悪の事態は逃れて救いとなる良い事柄があった場合に、この「不幸中の幸い」を使います。

    バラの花びら


    バラの花びらには多弁と一重の2種類があり、その種類によって意味が違います。多弁は「私を馬鹿にしないで」「誇り」という意味をもっています。また、一重には「純潔な愛」「敬意」という意味があるのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)