【男女別】ウエストの平均サイズとは?細くするコツと方法も大公開!

  • 目指せ平均以下!ウエストを細くする方法

    ここからは、ウエストを細くする方法について具体的にご紹介していきます。平均以下の、美しいウエストラインを目指してみましょう。

    ウォーキングなどの有酸素運動


    ウォーキングなどを始めとする有酸素運動は、余分な脂肪を落としてウエストを細くする効果があります。ウォーキング以外にも、ランニングをしたり、自転車に乗ったり、水泳をしたり、縄跳びをしたりなど有酸素運動の種類はさまざまです。

    どれもやる気さえあれば簡単にできますが、長続きしない人が多いのも事実。自分に合った有酸素運動を取り入れて、頑張って続けてみましょう。

    筋トレ


    ウエストを引き締める方法として、筋トレも有効です。特に、お腹を引き締めるためには腹筋運動がかかせません。腹筋を鍛えると、ただ細いだけではない、引き締まったボデイラインになれます。

    腹筋運動をする際は、腰を傷めないように気をつけましょう。心配な人は、スポーツクラブやジムなどに通ってフォームをチェックしてもらうといいかもしれません。

    また、腹筋だけではなくスクワットも、ウエストを引き締める効果があります。スクワットをすると太ももとお尻の筋肉を鍛えることができます。大きい筋肉なので、体全体の代謝が上がり、お腹周りの脂肪を落とす効果も期待できますよ。

    ストレッチ


    ウエストひねりなどのストレッチをすると、お腹周りのむくみが取れてウエストが細くなります。また、ストレッチをすると筋肉がほぐれるので、筋トレの前後に行うのもおすすめです。

    ウエストを細くするストレッチにはいろいろありますが、椅子に座ったままでできる方法を1つご紹介します。椅子に座っている状態で足を組み、胴体を上の脚側の方にひねる方法です。後ろから誰かに呼ばれた時に、胴体ごと振り向いているような感覚で試してみてください。

    ウエストをひねると腸が刺激され、お通じが良くなります。比較的すぐに効果が表れる人もいるようですよ。

    腰回し運動


    腰を回すと、お腹全体が動きますので、脇腹、お腹、背中、腰、お尻の運動になります。筋トレのように辛い運動ではありませんので、気軽に腰を回してみましょう。

    やり方は、肩幅に足を開いて膝は伸ばしたまま、体から一番遠いところを通るイメージでゆっくりと腰を回します。手は腰に置き、肩の位置はなるべく動かさないようにするのがポイントです。

    フラフープを回すと、楽しく腰回し運動ができるので実践している人も多いようですよ。

    ブリッジ


    ブリッジも、ウエスト痩せに効果がある運動です。全身の筋肉を使いますし、お腹の筋肉を伸ばすことができます。やり方は、まず仰向けに寝て、手を逆手で肩の上に置き、足は膝を立てます。そしてそのまま体を持ち上げてキープしましょう。

    ただし、ブリッジは柔軟性が低い人は体を痛めてしまうことがありますから、気をつけて行う必要があります。難しい場合は、バランスボールの上でブリッジをする方法や、ベッドから肩を出して行う方法をとるといいでしょう。

    それも難しければ、寝転がって腰の下にタオルなどを丸めて入れ、伸びをするだけでも効果があります。

    腸内環境を整える


    腸内環境を整えると、ウエストが細くなりやすいとい言われています。最近では「腸内フローラダイエット」と呼ばれる、食事で腸内環境をよくする方法も話題ですよ。腸内環境が良くなると腸の動きが活発になり、ウエストがひっこんでくるというわけです。

    腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と3つのタイプに分かれていますが、なかでも善玉菌は腸内を整えるのに効果的です。消化吸収を助け免疫力をあげ、肥満防止などの効果が期待できます。

    善玉菌の代表である、乳酸菌飲料やビフィズス菌を含むヨーグルトはもちろん、善玉菌の栄養元となる食物繊維やオリゴ糖などを積極的に摂取してみましょう。