言葉遣いや振舞いに気を遣う、メガネをかける…「顔のつくりに自信がない女性が「雰囲気美人」を目指すときに、すればいい努力とは?」173人に聞いた女性の本音

  • 顔のつくりに自信がない女性が「雰囲気美人」を目指すとしたら、どんな努力をするといいのでしょうか。具体的に教えて下さい。

    笑顔。愛嬌。聞き上手になる事。清潔感を大事にする事。(20代女性)


    髪型、メイク、ファッションで女は全然変わるはず。なのでメイクなどの勉強(20代女性)


    髪型をロングにする。ロングでパーマをかけふんわりした雰囲気にする。アイメイクなどをしっかりする。(20代女性)


    髪型を巻き髪でふんわりさせて服装も女性らしいピンクなどのワンピースを着て話し方もおっとり話す。(30代女性)


    にっこり笑う。笑顔はぜったいに必要!笑顔だけで、ころっといける。(20代女性)


    きれいめな服をきて、ニコニコ愛想をふりまく。(20代女性)


    せっかく体型をよくしたり、似合う格好をしたりする。(20代女性)


    所作を美しくするために姿勢を正して笑顔でいる(30代女性)


    しぐさ、ふるまい、笑顔などにじみ出てくるものが自然にできたら(20代女性)


    服装や体系など変えることができることに気を使っていく(20代女性)


    化粧やらしぐさやらを女らしく気を付けること(20代女性)


    どんな努力をしても、へんなかおならもう、あきらめるしかない。(20代女性)


    メイクで雰囲気美人を目指す。ファッションを変える。(20代女性)


    いつも笑顔でいること。楽しそうなオーラ出してる人になる。(20代女性)


    メイクの仕方は勿論のこと、いつでも愛想が良さそうに(媚びる感じではなく自然に)笑っている事。(20代女性)


    整形かと思うようなメイクテクを身につける(20代女性)


    いつも笑顔でいること。人に親切にすること。(10代女性)


    清潔感。なによりもこれが一番大切だとおもいます。(20代女性)


    気品と知性を感じる女性は顔の造形に関係なく素敵だと思いますし、男性にもモテていますよ。でも幼い頃からの家庭環境や人間関係で養われるものであって、大人になってから急に身に付くものではないですよね。(20代女性)


    清潔感のある服装と、下品でない笑顔をつくる練習をしたらいいと思います(20代女性)


    顔以外にも、髪形や服装で印象は変わるものです。得意分野を伸ばしましょう・。(20代女性)


    立ち居振舞い、ファッション、ヘアメイク、言葉使い、文字などを磨く。(20代女性)


    とにかく笑顔でいること、声が明るいこと、行動力があって元気な子(20代女性)


    服装や化粧を見直してみる、清潔感があるよう心がける(20代女性)


    感性と知性を磨くこと。知性のない美人は馬鹿に見える。(20代女性)


    スポーツ女子には関係ねぇ~~~!!やれることをやれ!!(20代女性)


    かみのけをのばす。はなしかたをじょうひんにする。(20代女性)


    顔のつくりに自信がない女性が「雰囲気美人」を目指すとしたら、どんな努力と言われれば常に笑顔(20代女性)


    笑顔を心がける。(20代女性)


    とにかく感じよく、清潔で、やさしく、人の悪口とか言わない努力。(30代女性)


    上品な振る舞いをする 派手な格好をしない(20代女性)


    痩せる、肌の手入れをする、自分に似合う髪型・服装をする(20代女性)


    自分に似合う髪形、メイク、服装を考え見極め、おしとやかで優しい(20代女性)


    いつも笑顔でいるようにしたり、品のない仕草や言葉使いなどしないように気をつけるとか。(20代女性)


    内面的な成長、余裕を持った行動、などです(30代女性)


    笑顔でいる努力。あとは清潔感を保つための努力。髪をとかすとか(20代女性)


    着こなしをきれいにして、清潔感を出す。聞き上手になる。(20代女性)


    あまりせかせかしないで、ほんわかとしたやさしい感じを出すようにする(20代女性)