言葉遣いや振舞いに気を遣う、メガネをかける…「顔のつくりに自信がない女性が「雰囲気美人」を目指すときに、すればいい努力とは?」173人に聞いた女性の本音

言葉遣いや振舞いに気を遣う、メガネをかける…など「「顔のつくりに自信がない女性が「雰囲気美人」を目指すときに、すればいい努力」について紹介します。(2013年11月実施 10~30代独身女性173名)

  • 顔のつくりに自信がない女性が「雰囲気美人」を目指すとしたら、どんな努力をするといいのでしょうか。具体的に教えて下さい。

    やっぱり基本ずっと笑顔でしょう!なかなか難しいと思いますが。(20代女性)


    服装とメイクでごまかすしかないと思います。(20代女性)


    笑顔。おだやかさ。身だしなみ。これらを常に携えれば。(10代女性)


    柔らかい空気をまとえると良いかと思う。男性に対して身構えていない態度も良いと思う(20代女性)


    姿勢、歩き方、仕草、服装、化粧、喋り方などいろいろある(20代女性)


    人の気持ちがわかるやさしさをもつように努力すること(20代女性)


    服装や髪型、化粧の仕方を変える。言葉遣いや所作を女性らしくする。(20代女性)


    顔のつくりではない外見をきれいにする(20代女性)


    にこっとする。きれいなしなを作るために筋肉を付ける。(20代女性)


    服装とかじゃなく、しゃべりかた・たたずまい・動きかたすべてを直線的でなく、曲線的にするのがいいのではないかなと思います。(10代女性)


    スタイル。髪型。「振り向かなければ、美人」を目指せば、雰囲気美人になれる。(20代女性)


    めがねかける。外でるときはおおきいサングラスで。仕事バリバリ系女風なファッションすると、イコール美人みたいなかんじになる。(20代女性)


    美人はめざさないで、料理の腕をあげるとか、別ジャンルにした方が良いと思う。(20代女性)


    話し方や所作に女性らしさを身に着けるようにする(20代女性)


    人好きのする笑顔をつくる。愛嬌は何よりも大事なチャームポイントだと思います(20代女性)


    服装、髪型、体型を変えれば顔以外は美人になれます(20代女性)


    スタイルをよくすることと服のセンスをみがくこと。 この二つだけで雰囲気はかなりかわります。(20代女性)


    いつも笑顔でいる、怒らない、人の悪口を言わない。(30代女性)


    立ち振る舞いに気を付ける。言葉遣いや気遣いのいい女性。(20代女性)


    笑顔と姿勢を常によくしているだけで美しく見える。(20代女性)


    きれいなじをかいたりみのまわりのせいりせいとん(20代女性)


    料理がうまくなっておいしいと評判になれば良い(20代女性)


    とにかく姿勢に注意して、背筋はまっすぐでいることに気をつける。笑顔が多い。笑うときには口に手を添える。(20代女性)


    メイクすりゃどうにでもなる。あとは肌も髪も、質をよくする。ファンデ使わなくていいくらい肌がきれいだったら(体も含め)いいと思います。(20代女性)


    とにかくいつも笑顔!あとは肌のお手入れをして肌美人をめざす。(20代女性)


    人への思いやりややさしさを自然に出せる人(20代女性)


    笑顔や前向きな気持ち、相手の思いを分かり合う心。(20代女性)


    とにかく明るく人を不快にさせないさわやかさ(20代女性)


    話術。多くの引き出しを持ち、相手を不快にさせない話のできること。人の悪口を言わない、八方美人じゃない。(20代女性)


    笑顔。うざくならない程度にお母さんっぽい雰囲気。(20代女性)