職場の好きな人を忘れる方法【必見】相手を忘れられない理由も解説!

  • 職場の好きな人を忘れられないのはなぜ?

    なぜ職場の好きな人のことを、なかなか忘れられないのでしょうか?もう忘れた方が楽なのに、どうしても記憶に残ってしまいますよね。

    心理学にも注目しながら、職場の好きな人を忘れられない理由を探っていこうと思います。

    会う機会が多くて忘れられない


    同じ職場に好きな人がいる場合、一番困るのが、「会う機会が多い」ということでしょう。

    部署が同じなら、嫌でも毎日顔を合わせる。部署が違っても、会議の時などに顔を合わせることがある。仕事では関わりが一切なくても、退社時間が同じで、エレベーターホールで鉢合わせになってしまう……。

    こんな環境では、忘れようと思っても忘れられるわけがありません。目の前に、好きな人が現れてしまうのですから。

    同じ職場なので関係を断つことができない


    部署が違ったとしても業務内容に関わりがあることなら、よその部署に行くことがありますよね。職場が同じだということは、色々な人たちと繋がっている状態です。それはつまり、関係を断ちたくても絶てないということでもあります。

    同じ職場にいる以上は、相手がどんな人であれ、あらゆる形でずっと関わり続けることになります。好きな人も、それは同じ。そのため、好きな人を忘れるのは困難を極めます。

    「忘れよう」と意識しすぎるから


    心理学的には、「忘れよう」と意識すればするほど、忘れにくくなるとされています。「忘れよう」と頑張ってしまうということは、それはつまり、忘れたい対象のことが心から離れないからです。

    好きな人のことを忘れようと意識しすぎると、逆に好きな人のことをどんどん意識のこちら側へ持ってくることになります。記憶の彼方へと追いやるどころか、むしろ“思い出す”ということをしてしまっているのです。

    色々な方法を使って、好きな人のことを忘れようとするのは、誰もがやりがちなこと。でも、意識しすぎるのは逆効果ですよ。

    忘れるための方法がわからないから


    忘れたいのに、忘れることができない……。そもそも、忘れるための方法がわからない。好きな人の記憶をなくすための方法を一切知らないなら、忘れるのは大変難しいでしょう。

    通常は、本やインターネットを使って、好きな人を忘れるための方法を探そうとします。でも、誰もがインターネットを使いこなせるわけではありません。そして、『好きな人のことを忘れる方法』という本をピンポイントで探し出すのは、なかなか難しいでしょうね。

    “好きな人を忘れるための方法”という情報を、うまく探し出すことができない人は、いつまでも好きな人のことを忘れることができないのです。

    付き合っていた時が幸せだったから


    職場恋愛の末に別れてしまった場合は、「付き合っていた時が幸せ過ぎた」という人もいるでしょう。その場合は、忘れることがとても難しくなります。

    心理学的には、幸福な記憶はなかなか「忘れたい」とは思えないものです。つらい記憶なら簡単に捨てられますが、良い記憶ならとっておきたいと思うのが人間の心理なんですよ。

    付き合っていた時が幸せであればあるほど、どんな方法を使っても、忘れるのはかなり難しいと言えるでしょう。

    復縁する方法を考えてしまうから


    好きな人に振られたとしても、まだ未練がある人は、なかなか相手を忘れられません。忘れる方法よりも、復縁する方法を考えてしまうからです。

    「忘れたい」という気持ちと、「復縁したい」という気持ちがゴチャゴチャに混ざってしまっている人は、忘れる決心がなかなかつかないものです。心理学的には、別れたあと「復縁できる方法があるなら、復縁したい」と考える人の方が多いようですよ。
  • 職場の好きな人を忘れる方法

    「職場」という閉鎖的な環境に好きな人がいると、忘れるのはとても大変です。どうしても一緒に仕事をする機会もあるでしょうし、顔を毎日合わせてしまうという人もいるでしょう。

    そんな人でも、頑張れば忘れることができるかもしれません。好きな人を忘れるためにおすすめの方法を、いくつかご紹介します。

    必要以上に関わらない


    職場で一番気を付けるべきなのは、必要以上に関わらないようにするということです。

    仕事でどうしても一緒に何かをしなければならない時は、“必要なこと”なので、関わっても大丈夫です。でも、廊下であった時に話す等の余計な関わりは、持たないのが一番でしょう。

    関わる頻度を減らしていけば、忘れやすくなるはずです。まずはこの方法を試してみてください。

    仕事に没頭する


    仕事に没頭するというのも、有効な方法です。

    人は忙しくしていると、余計なことを考えなくなります。目の前の仕事だけに集中し、好きな人のことをまったく考えないようにしていけば、「好きな人との記憶がなくても、意外とやっていける」と気づくことでしょう。

    好きな人のことを嫌いになる


    好きな人を見た時に「やっぱり素敵な人!」「付き合っていた時に優しかった」というように幸せな記憶がよみがえる人は、逆に“嫌な記憶”を思い出すようにしてみましょう。

    心理学的に、人は「嫌な部分」を思い出すと、幸せな記憶を上書きする傾向があると言われています。つまり、好きな人の嫌な部分を思い浮かべるようにすれば、だんだんと「素敵な人!」だとは感じにくくなるということです。

    素敵な人だという認識が無くなれば、その内忘れることができるはずですよ。

    「忘れる方法」をあえて調べない


    ネット上には「好きな人を忘れる方法」という情報があふれています。職場の好きな人を忘れようという気持ちが強いと、ついネットで検索して、色々と情報収集してしまいますよね。

    しかしそれが習慣化してしまうと、逆に好きな人のことが忘れられなくなります。あえて「忘れる方法」をあまり検索しないというのも大切なんですよ。