沖縄美人が多いのはなぜ?その特徴と沖縄出身の女性芸能人を大公開!

  • 沖縄に美人が多いのはなぜ?その理由とは

    沖縄にはなぜ美人が多いのでしょうか?続いては、その理由に迫っていきましょう。

    先祖に縄文人が多い


    沖縄のルーツにはさまざまな説がありますが、沖縄の人が日本人離れした魅力的な顔立ちをしている理由として、先祖に縄文人が多い、ということが考えられます。

    元々日本は「縄文顔」の人だけであり、「弥生顔」の人はいませんでした。しかし約5000年前、弥生顔の人が日本の本州に来たことによって、日本には弥生顔の人が増えていったと言われています。

    しかし海を隔てた沖縄には弥生顔の人が来なかった、という経緯から、沖縄は縄文顔にルーツを持つ人が多いのです。

    この「縄文顔」とは、簡単に言うと目鼻立ちがはっきりしていて彫が深い、いわゆる「濃い」顔なのです。一方で「弥生顔」とは、一重瞼で凹凸が少ない「薄い」顔の事を言います。

    これを知った上で沖縄美人の顔立ちを見てみると、先祖に縄文人が多い、というのも納得ですね。

    栄養豊富な食事


    伝統的で独特な食文化というのも、沖縄を語る上では欠かせない要素です。沖縄には、南国ならではの栄養豊富な食材や料理、食習慣がたくさんあるのです。

    まずお馴染みのゴーヤですが、ゴーヤはビタミンCが豊富で美しい肌作りをしてくれます。名産物のアセロラと、コラーゲンが豊富なミミガーも、同じく美しい肌作りに効果的でしょう。また、沖縄らしさがある「青パパイヤ」も酵素が豊富で、脂肪やたんぱく質の分解を手助けしてくれると言われています。

    そして極めつけに、沖縄には「味噌汁定食」というのものがあるほど、味噌汁を好んで飲むのと言われています。野菜がたくさん入った栄養満点の味噌汁を食事のメインとする事も多いため、日々バランスのいい食生活ができていると言えるでしょう。

    こうした健康的な食こそが、沖縄美人を作り出しているのですね。

    ハーフも多い


    沖縄は本州に比べて外国人の比率が高いのも特徴です。そのため国際結婚が多く、ハーフやクォーターも多いと言えるでしょう。後述しますが、沖縄美人として有名な安室奈美恵さんや黒木メイサさんも、外国人のDNAが入っているのです。

    外国人のDNAが入ることによって、一般的な日本人とは異なった顔になりますよね。だからこそ目鼻立ちがはっきりした容姿や、スラッとしたスタイルを持っており、「沖縄に美人が多い」と言われるのでしょう。

    オープンな性格で明るい


    美人やモテる人の特徴を語るなら、外見だけではなく内面も外せないポイントです。沖縄美人の内面的魅力は、「オープンで明るい」という部分ではないでしょうか。

    沖縄に旅行に行ったことのある人ならば身に覚えがありませんか?食堂でもお土産屋さんでも「どこから来たの?」とフレンドリーに話しかけられたり、道を聞いても丁寧に教えてくれる人が多いですよね。

    また、1年中温暖な気候で過ごしているせいか、「沖縄時間」や「なんくるないさ~」という言葉に表される通り、あまり細かいことを気にしないおおらかな人がたくさんいます。とにかく明るくて、付き合いやすい人ばかりなのです。

    こうした沖縄の方々の人柄が、沖縄美人の内面の美しさや優しさを成形しているのでしょう。