黒いハートの意味って?LINEで黒いハートを使う男女の心理とは

好きな相手からLINEで「黒いハート」が送られてきたら、「これってどういう意味?私を嫌いってこと?」と素直に喜べない人も多いはず。この記事では、男女がLINEで黒いハートを使う理由から、その裏に隠された思いを探ります。黒いハートにモヤっとした経験のある人は、ぜひ読んでみてください。

  • 黒いハートの意味って?素直に喜べない理由とは

    カップルのLINEのメッセージでよく使われている絵文字の一つがハートです。一般的にハートは愛情を示す意味を持つイメージがあるので、気になる異性からのメッセージにハートが入っていると、脈ありのサインだと考えて喜ぶ人も多いでしょう。

    しかし、いろいろな色のハートがある中で黒いハートが送られてきたとき、「何かネガティブな意味があるのでは?」とモヤモヤしてしまった経験がある人も少なくありません。わざわざ黒いハートを選ぶ意味がわかりませんよね。

    世の中の人々は、どんなときに黒いハートを使っているのでしょうか。男女別に、異性に対して使う黒いハートの裏に隠された思いをご紹介します。
  • 黒いハートの意味、実は衝撃的だった!

    日本では、ハートと言うと赤やピンクをイメージする人が多いのではないでしょうか?「ハート=心臓」というイメージが強いため、「好き」という胸の内を伝える意味で使うことが多いですよね。

    ですが、実はハートには色ごとに意味があるようなのです。まずは、ハートの色別の意味を見ていきましょう!

    ハートは白と黒で意味が違う?


    シンプルに相手に好意を伝えたいときに使いやすいのが白いハートです。「ありがとう」などの語尾にさりげなく付けると、ポジティブな印象で気持ちが伝わります。異性の友人にも、勘違いされることなくフランクに使えるでしょう。

    一方、黒いハートは、好意を伝えることに加えて「白よりもかっこいいから」という理由で使う人がいます。また、サブカルチャーの「ゴス」のイメージで使う人もいます。そういった意味では、自分の個性として意識して使っている人が多いと言えるでしょう。

    海外では「あなたが嫌い」


    海外では、ハートは色によって明確な意味の違いがあるのをご存知でしたか?

    日本では、色に関係なく好意のある人に対してハートを使う人が多いですが、実は白や黒のハートにはショッキングな意味があるのだとか。

    白いハートの意味は、過去形の「あなたのことが好きでした」というもの。例えば「今までありがとう(白いハートマーク)」のような形で使われます。一見愛情のこもったメッセージに見えますが、本当の意味では「終わり」を表しているのです。

    黒いハートに至っては、好意を伝えるのとは正反対の「あなたのことが嫌いです」という意味があるとされています。文章の語尾に黒いハートマークがついていたら、嫌がらせや嫌みなどの意味合いが含まれているかもしれません。

    たくさんある!ハートの色の意味


    その他の色のハートにもそれぞれ意味があります。

    赤   :あなたを愛しています。
    ピンク :あなたは可愛いです。
    オレンジ:あなたが好きです。
    黄   :あなたはユニークです。
    緑   :あなたは面白いです。
    青   :あなたが恋しいです。
    紫   :あなたは優しいです。

    暖色系の赤・ピンク・オレンジは、日本人にとってもイメージしやすいのではないでしょうか。赤はより深い愛情の「Love」、オレンジは好きという気持ちの「Like」を示し、ピンクは色からも想像しやすい「可愛らしさ」を表します。

    黒のハートが「嫌い」を意味するのであれば、寒色系の青や紫も同じようにネガティブなイメージの意味がありそうですが、青は「恋しい」、紫は「優しい」と、どちらも相手への好意を示す意味を持ちます。

    黄の「ユニーク」、緑の「面白い」というハートは、なかなか使われる機会は少なそうですね。ここで知った意味を含ませて、積極的に使ってみるのもいいかもしれません。

    日本では色はあまり意識されていない


    海外で浸透しているハートの色の意味は、日本ではまだまだ馴染みが薄いと言えるでしょう。さらに、それぞれの色の意味の違いを理解して使い分けている人はもっと少ないはずです。

    そもそもメールやLINEなどの気軽に使えるツールでは、気持ち次第で絵文字の色や形を使い分けることを面倒に感じる人の方が多いかもしれません。普段使う絵文字もだいたい限られてきますよね。

    日本人は、文字や装飾よりも、文章で相手の気持ちやテンションを読み取ることを重視しがちです。使用されている言葉や言い回しから、相手の真意をうかがう人が圧倒的に多いのではないでしょうか。そう考えると、ハートの色別の意味があまり知られていないのもうなずけます。