記念日は英語でもっと印象的に!愛の言葉&使い方パターンも紹介

「大切な記念日に何か特別な言葉を贈りたい!」「いつもとは違った演出をしたい!」そう思っている人は多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、記念日や誕生日などの大切な日に使える英語メッセージをいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 2人の記念日を英語でもっと印象的に!

    大切な記念日や親しい人の誕生日が近づくと、誰もが「どんな言葉を贈ったらいいんだろう」と考えますよね。もちろん日本語での愛のこもったメッセージもとても良いですが、たまには少し違った英文のメッセージを使ってみても良いかもしれません。

    今回は、そんな記念日や誕生日の時にお祝いの言葉として使える、英語の短文メッセージをご紹介します。そのほかにも、メッセージのオシャレな使い方などもご紹介しますので、記念日などでロマンチックな演出がしたい人はぜひ参考にしてみてください。
  • そもそも「記念日」は英語で何という?

    そもそも「記念日」は英語でなんと言うのでしょうか?ここでは、英語での「記念日」や「誕生日」の言い方から、少し違った記念日の言い方もご紹介します。

    記念日は英語で「anniversary」


    「記念日」は英語で「anniversary(アニバーサリー)」と言います。店のオープン記念日などでも聞いたことがある人も多いとは思いますが、「anniversary」はどんな記念日にも使われている言葉です。恋人同士の記念日から、店のオープン記念日や友達の記念日まで、全てのシチュエーションで使われています。

    記念日を祝う時は、主に「Happy anniversary(記念日おめでとう)」と言います。

    誕生日は英語で「birthday」


    誰もが知っていると思いますが、「誕生日」は英語で「birthday(バースデイ)」と言います。「Happy Birthday」の歌もこの「birthday」が使われています。誕生日を祝う時は「Happy birthday(ハッピーバースデー)」と言います。

    結婚記念日


    それでは、結婚記念日はなんと言うでしょうか?「結婚記念日」は英語で「Wedding anniversary(ウェディングアニバーサリー)」または「Marriage anniversary(マリッジアニバーサリー)」と言います。「結婚」を意味する「Wedding」「Marriage」と、先ほどご紹介した「記念日」を意味する「anniversary」がくっついた言葉です。

    結婚記念日を祝う時は「Happy wedding anniversary(結婚記念日おめでとう)」または「Happy marriage anniversary」となります。「Happy」の後に年月を入れて「〇年記念日」というふうにすることもできます。

    恋人や友人との大切な日


    上記とは違った言い方で記念日を表すこともできます。それは「Our special day(アワースペシャルデイ)」です。他にもいくつかありますが、「Our special day」は「私たちの特別な日」という意味で、「anniversary」とはまた違った親密な雰囲気を出してくれる言葉です。

    「anniversary」ももちろん良い言葉ですが、もっと違った言葉でお祝いしたい時に使ってみるといいかもしれません。使う時はシンプルに「Our special day!」または「Special day!」というふうに使います。

    大切な日をより具体的に


    人それぞれ、記念日とはまた違った大切な日もありますよね。例えば「出会った日」「初めて喋った日」など。そういった時を表す英語としては「The day we ○○」があります。

    「The day we ○○(私たちが○○した日)」を使うと、「The day we met for the first time(私たちが初めて会った日)」や「The first day we talked(初めてしゃべった日)」というふうに、大切な日を別の言い方で表すことができます。

    また、少し具体的で、普通の英語のお祝いメッセージよりも長めの文を作りたい人にも「The day we ○○」はおすすめです。ちなみに「初めてデートに行った日」は「Our first date」と言います。