ラブホテルの使い方徹底解説!入室・退室からシステムやまで完全攻略

みなさんはラブホテルを使った経験はありますか?あまり行ったことがない人からすれば、ラブホテルは使い方がよくわからないというイメージがあるかもしれません。そんな方のために、ラブホテルの使い方を詳しくご紹介します。これから利用しようと思っている方は要チェックです。

  • 使い方を知る前に!ラブホテルの形態と特徴

    ラブホテルと一言で言っても、その外観や利用方法などは形態によって違います。使い方の前にまずはラブホテルのタイプごとの特徴を知っておきましょう。

    ビルタイプのラブホテル


    街中で見かけるラブホテルはほとんどがこのビルタイプです。一部お城のような派手な外観のものもありますが、外から見える建物のつくりは基本的にビジネスホテルと似ています。

    ビルタイプのラブホテルは、入ると部屋の写真パネルがあり、空室の中から希望の部屋を選ぶことができます。空室はパネルが点灯していて選択ボタンを押すだけなので、使い方はすぐにわかるでしょう。

    また部屋ごとに設備や料金が違うこと多く、ほとんどはこのパネルで確認できるようになっています。さらにフロントがある場合は、入退室時に声をかけるようになっています。フロントは目隠しになっていることが多いので、スタッフと顔を合わせる心配もありません。

    モーテルタイプのラブホテル


    モーテルというのは自動車の旅行者向けの宿泊施設という意味で、発祥の地アメリカではビジネスホテルのような使い方をされています。ですが日本では、モーテルはラブホテルとして扱われていることがほとんどのようです。

    そんなモーテルタイプのラブホテルですが、自動車を停める駐車場と一階建ての客室がセットになり連なっています。自動車で来る人がターゲットなので、都心部より郊外にみられるタイプです。

    フロントがないところがほとんどなので、その場合支払いは後払いの自動精算になるでしょう。

    ガレージタイプのラブホテル


    ガレージタイプのラブホテルはモーテルタイプとよく似ていますが、こちらは一階が駐車場で二階が客室になっています。駐車場の隣に入り口のドアがあり、二階の客室に上がれるのです。

    車を停めたらセンサーで部屋が開いてそのまま部屋に入れるようになっているので、他のお客さんと鉢合わせてしまうこともありません。

    部屋の選び方ですが、各部屋の駐車場に部屋の内観や料金が表示しているパネルがあり、空室の場合は部屋の写真が点灯しているのでその中から選ぶことができます。

    こちらもモーテルタイプと同様に郊外や大きな道路沿いにあることが多く、ドライブ中の休憩や宿泊としての使い方が多くなっています。
  • ラブホテルとビジネスホテルの違いとは?

    カップルで泊まれるという点では共通点があるラブホテルとビジネスホテルですが、思い切りいちゃいちゃしたいときにはラブホテルを選びますよね。

    そんなラブホテルとビジネスホテルには使い方を含めてどんな違いがあるのかを挙げてみましたのでご覧ください。

    外観の雰囲気


    派手な電飾や変わった外観の建物はあからさまにラブホテルとわかりますね。ラブホテルのイメージに合わせてリゾート風に装飾しているところもよく見かけます。

    ですが装飾がないシンプルなビルタイプだと、ビジネスホテルとあまり変わりありません。うっかり間違えないようにどこで見分けるかというと、料金案内の看板です。

    ラブホテルには大抵サービス内容が書かれた看板が出ているので、「休憩」や「宿泊」といった文字が書いてあればラブホテルといえるでしょう。

    フロント


    ラブホテルのフロントにはあってビジネスホテルのフロントにはないもの、それは部屋のパネルです。大きなパネルはラブホテル特有のものといえるでしょう。

    またラブホテルのフロントはできるだけお客さんと対面しないように、ビジネスホテルと違って無人もしくはフロントが覆われているのが特徴です。

    その他、ウェイティングルームや来店回数に応じてもらえる景品のショーケースが並んでいるラブホテルもあります。

    立地


    次に立地の違いを挙げてみましょう。ビジネスホテルは郊外の大きな道路沿いにあることは少なく、都心部の駅徒歩圏内にあることが特徴です。

    それはビジネスホテルは出張先での宿泊施設として使われることが多いので、できるだけ駅から歩いて行ける距離に作られているからです。

    逆にラブホテルは車で利用しやすいように郊外の幹線道路の近くや駅から少し離れたところに数件集まっていて、特に密集している場所は「ラブホ街」などと呼ばれます。

    使い方


    ラブホテルとビジネスホテルは使い方も異なります。例えばラブホテルの休憩やフリータイムはビジネスホテルにはあまりみられません。

    ビジネスホテルの使い方は基本的に宿泊がメインです。他にもデイユースプランなどがありますが、どちらもチェックイン・チェックアウト時間はほぼ決まっています。

    対してラブホテルのフリータイム利用は表示された時間内なら何時間でも休憩ができるのです。深夜休憩のシステムがあるラブホテルならば、夜中の入室でも休憩としての使い方もできます。

    名称


    最近はスタイリッシュなラブホテルが増えていますが、郊外にある昔ながらのラブホテルなどは名前が独特だったりします。

    周辺のホテルと差をつけるためなのか、思わず笑ってしまうような面白い名前のラブホテルも存在するようです。

    部屋の雰囲気


    ラブホテルは室内の雰囲気がビジネスホテルとは少し違っています。

    シックな雰囲気のホテルもありますが、大抵は派手な壁紙や装飾があったり、天井が鏡張りになっているところもあるようです。ベッドはもちろんお風呂場が広いのも特徴的ですね。

    また、ラブホテルにはコンビニボックスという大人のおもちゃが購入できるものが設置されているなど、設備面でも違いがみられるでしょう。