ラブホテルの使い方徹底解説!入室・退室からシステムやまで完全攻略

みなさんはラブホテルを使った経験はありますか?あまり行ったことがない人からすれば、ラブホテルは使い方がよくわからないというイメージがあるかもしれません。そんな方のために、ラブホテルの使い方を詳しくご紹介します。これから利用しようと思っている方は要チェックです。

  • 使い方を知る前に!ラブホテルの形態と特徴

    ラブホテルと一言で言っても、その外観や利用方法などは形態によって違います。使い方の前にまずはラブホテルのタイプごとの特徴を知っておきましょう。

    ビルタイプのラブホテル


    街中で見かけるラブホテルはほとんどがこのビルタイプです。一部お城のような派手な外観のものもありますが、外から見える建物のつくりは基本的にビジネスホテルと似ています。

    ビルタイプのラブホテルは、入ると部屋の写真パネルがあり、空室の中から希望の部屋を選ぶことができます。空室はパネルが点灯していて選択ボタンを押すだけなので、使い方はすぐにわかるでしょう。

    また部屋ごとに設備や料金が違うこと多く、ほとんどはこのパネルで確認できるようになっています。さらにフロントがある場合は、入退室時に声をかけるようになっています。フロントは目隠しになっていることが多いので、スタッフと顔を合わせる心配もありません。

    モーテルタイプのラブホテル


    モーテルというのは自動車の旅行者向けの宿泊施設という意味で、発祥の地アメリカではビジネスホテルのような使い方をされています。ですが日本では、モーテルはラブホテルとして扱われていることがほとんどのようです。

    そんなモーテルタイプのラブホテルですが、自動車を停める駐車場と一階建ての客室がセットになり連なっています。自動車で来る人がターゲットなので、都心部より郊外にみられるタイプです。

    フロントがないところがほとんどなので、その場合支払いは後払いの自動精算になるでしょう。

    ガレージタイプのラブホテル


    ガレージタイプのラブホテルはモーテルタイプとよく似ていますが、こちらは一階が駐車場で二階が客室になっています。駐車場の隣に入り口のドアがあり、二階の客室に上がれるのです。

    車を停めたらセンサーで部屋が開いてそのまま部屋に入れるようになっているので、他のお客さんと鉢合わせてしまうこともありません。

    部屋の選び方ですが、各部屋の駐車場に部屋の内観や料金が表示しているパネルがあり、空室の場合は部屋の写真が点灯しているのでその中から選ぶことができます。

    こちらもモーテルタイプと同様に郊外や大きな道路沿いにあることが多く、ドライブ中の休憩や宿泊としての使い方が多くなっています。