ハマる「シャワーオナニー」のやり方!メリットや注意点も一挙紹介

  • シャワーオナニーでイケない…原因はなに?

    シャワーオナニーは気持ちいいと絶賛する人が多いオナニーのやり方ですが、なかなかイケないという人もいます。なぜ気持ちいいと評判のやり方でイくことができないのでしょうか?その原因について解説していきます。

    シャワーオナニーでイケない人は、こちらに思い当たることはありませんか?

    温度や水圧が合っていない


    何度かやってみれば自分が一番気持ちいい温度、水圧が分かって来るのですが、慣れていないとなかなか合わせられません。ですから、温度や水圧が好みが合わず、気持ちよくてもなかなかイケない原因になるのです。

    水を当てていてもなかなかイケない方や時間がかかりすぎてしまう方は、色々な温度や水圧を試し、もっとも気持ちいい温度・水圧を見つけてみてくださいね。

    やり過ぎて慣れてしまった


    何度もやっていると、性器がシャワーの刺激に慣れてしまいます。刺激に慣れると、それ以上の刺激を与えないと気持ち良いと感じられなくなることがあるのです。特に、水圧を強くしている場合は刺激に慣れすぎてしまう傾向にあります。

    何度もやっているとだんだん強い刺激を求めてしまいがちですが、できれば頻繁にはやらないほうがいいでしょう。もしやり過ぎでイケなくなったら、しばらくシャワーオナニーをやめてみてください。しばらく置くと、また気持ちいいと感じられるようになってくるはずです。

    気持ちが盛り上がっていない


    シャワーオナニーでイケないのは、興奮度が低いのかもしれません。特に、お風呂に入る度にオナニーをするというように習慣化している人は、興奮度が高くなっておらずイケない可能性があります。毎日行っていることに対しては、精神的にも刺激を感じなくなるのは当然ともいえるでしょう。

    「最近イケないなぁ」と思う方は、気持ちを盛り上げるために、お風呂に入る前にエッチな動画を見たり、妄想をしてみると良いでしょう。エッチなものを見て気持ちが高ぶれば、あっという間にイけますよ。

    水圧が強すぎる


    水圧が強すぎると、刺激が大きすぎて逆にイケなくなる場合も多いようです。刺激が強いと性器が麻痺してしまい、気持ちよさを感じなくなるからだと考えられます。

    また、水圧が強いと快感が強くて性器に当て続けられないことも。イくためには継続して当て続ける必要がありますから、当て続けていない(続けていられない)ことも原因だと考えられます。