ハマる「シャワーオナニー」のやり方!メリットや注意点も一挙紹介

  • シャワーオナニーで気持ちよくなるコツ《上級者編》

    シャワーオナニーで気持ちよくなるコツは、まだまだあります。いろいろな方法を試してシャワーオナニーを楽しんでみましょう。

    次にご紹介するのは、少し上級者寄りのやり方。初めての方がやると、刺激が強すぎて「もうやりたくない」と思ってしまうかもしれないので、こちらの上級者向けはシャワーオナニーに慣れてきたら挑戦してみてくださいね。

    鏡を見ながらやる


    お風呂で鏡を見ながらシャワーオナニーをしてみましょう。シャワーオナニーをする自分を見ながらすることで、「すごく恥ずかしいことをしてる…」という羞恥心が、より興奮度を高めてくれます。

    また、鏡が少し高い位置にある場合は、立ってオナニーをしてみましょう。浴槽の縁に足をかけてシャワーを当てたり、性器を指で開いて正面からの様子を鏡で見ながらやります。思わず目を閉じたくなるような淫らな光景に、興奮することでしょう。

    シャワーヘッドを外す


    シャワーヘッドを外すとホースのように水が出てきます。水圧を強くして水をクリトリスに当てると、ドドドドッと力強く出る水がクリトリスを刺激してくれるのです。シャワーヘッドありの状態の「細やかな強い刺激」ではなく「大胆に責められている感じ」が味わえますよ。

    ちょっと豪快なセックスが好きな方は、シャワーヘッドを外したシャワーオナニーをお試しください。

    シャワーヘッドを膣に挿入する


    細いタイプのシャワーヘッドなら、膣に挿入することができます。シャワーを挿入してマックスの水圧にすると、中からシャワーで膣内が刺激されます。また、膣がお湯で満たされて溢れてくるので「すごくいけないエッチなことをしてる」と、興奮度を高める効果も。熱めのお湯に設定すれば、お湯の温かさも気持ちよく感じるでしょう。

    ただし、他にシャワーを利用する人がいる場合や、衛生面を考えるとあまりおすすめできる方法ではありません。

    クリトリスを剥いてシャワーを当てる


    多くの女性はクリトリスが包皮に包まれていますが、クリトリスの両側に指を当てて引き下げるようにして皮を剥いてみてください。皮に包まれていないクリトリスにシャワーを当てると、さらに強い快感を得ることができるでしょう。普通のシャワーの刺激では物足りなくなってしまった方は、ぜひ試してみてください。

    おもちゃも使う


    シャワーオナニーをするときに、ディルドを使うのもおすすめです。指では物足りない方は、シャワーを当てながらディルドを使うと、もっと気持ちよくなれますよ。コツは、水を当てて「もう少しでイケそうかな」というタイミングでディルドを挿入すること。

    感度が最高に上がっているところで挿入すると、あっというまにイってしまうほどの快感を得られるでしょう。お風呂で正常位の状態になって挿入するのもいいですし、床に固定できるディルドなら、騎乗位の状態でするのもおすすめです。