ハマる「シャワーオナニー」のやり方!メリットや注意点も一挙紹介

  • シャワーオナニーの基本のやり方

    シャワーオナニーに興味を持った方は具体的なやり方が気になりますよね?基本的なやり方をこれからご紹介するので、ぜひお風呂タイムに試してみてくださいね。

    シャワーの温度や水圧を調節する


    シャワーの温度や水圧を好みの強さに調節していきましょう。普通に体を洗うくらいの水圧だと、性器に当てると痛い場合がありますから、様子を見ながら弱めると良いですね。もちろん、刺激が強いのが好みならそのままでも良いですし、さらに強めてもOKです。

    また、水温は体温よりも2℃高いくらいがおすすめ。35.5℃~36度台の人であれば、38℃前後が丁度いい水温ですね。性器周辺は熱さを感じやすい部分なので、温度の上げすぎには要注意です。

    楽な姿勢になる


    人それぞれ好みの姿勢がありますが、壁に背中をつけて膝を立てる姿勢や、その場にしゃがんで下からシャワーを当てる姿勢が一般的です。開始からオナニーの終わりまではある程度時間がかかるので、長時間続けていても苦しくならない姿勢になるのが良いでしょう。

    シャワーをクリトリスや膣に当てる


    膣やクリトリスなど、気持ちいいと感じる場所にシャワーを当てていきます。ただ一箇所に集中して当てるのではなく、色々な場所に刺激を与えるのがおすすめ。また、円を描くように当てたり、シャワーヘッドを近付けたり離して強弱をつける・小刻みに動かすなど、変化を与えながら動かしてみましょう。

    手で他の場所を触る


    シャワーを当てているとき、片手が空いているなら手も使ってみましょう。たとえば、首筋・胸・腰を触るなど。性器だけではなく、他の場所も愛撫してあげることで、より興奮度が高まっていきますよ。

    また、シャワーをクリトリスに当てながら指を膣に入れるのもおすすめです。空いた手を無駄にしないよう、自分が気持ちいいと思う場所を自由に触ってみてください。

    円を描くように動かす


    シャワーをクリトリスや膣に集中して当て続けるのではなく、円を描くように動かすのが基本のやり方です。集中して一点に当て続けると、その場所がだんだん刺激を感じにくくなってきてしまいます。それを防ぐために円を描くように動かすのです。

    動かし方は、大きく動かして大陰唇の方まで刺激を与えたり、小さく動かしてクリトリスの周りを刺激するやり方もあります。ゆっくり焦らしながら感度や興奮を高めたいときには、大きく動かすと良いでしょう。「大きく動かす」「小さく動かす」を基本として、気持ちいいと思う場所を攻めてみてください。